消費者金融

アルバイトやフリーターでも消費者金融で借りられる?

アルバイトやフリーターが消費者金融の審査に通るには?ポイントはココ

消費者金融では継続的な収入を安定的に得ている人であれば、アルバイトでもフリーターでも借入できますただ、正社員や公務員などに比較すると収入の安定性には欠けるため、ある程度の制限が付けられます。

とはいえ、消費者金融は「お金を貸す専門の会社」であるため、なるべく貸す方向で考えてくれます。

アルバイトやフリーターが消費者金融の審査に通る条件

各社の利用条件を比較してみよう

アルバイトやフリーターであっても、消費者金融からお金を借りることは可能です。

収入が安定していることや、個人信用情報としてネガティブな情報がないことなどの条件は必要ですが、返済する能力があると認められれば、審査に通る可能性は高いと言っていいでしょう。

大手消費者金融の利用条件

業者名 利用条件
プロミス
  • 20歳~69歳の人
  • 本人に安定収入があること
  • アルバイト・パートOK
  • 現在働いている主婦・学生
アコム
  • 20歳以上の人
  • 安定した収入と返済能力のある人
  • アコムの基準を満たす人
  • アルバイトで安定した収入と返済能力があれば利用可能
アイフル
  • 満20歳以上の人(満70歳の誕生日時点で融資不可)
  • 安定的な収入と返済能力のある人
  • アイフルの基準を満たす人
  • アルバイト利用可能
SMBCモビット
  • 満20歳以上69歳以下の人
  • 安定した定期収入のある人
  • SMBCモビットの基準を満たす人
  • アルバイトで安定した定期収入があれば利用可能
レイクALSA
  • 満20歳以上70歳以下の人
  • 安定した収入のある人
  • メールアドレスがある人
  • アルバイトで安定した収入があれば利用可能

大手各社ともアルバイトやフリーターであっても利用は可能となっています。正社員でないと借入できないということはありません。

収入に安定性があればOK

一般的に、消費者金融を含むキャッシングの審査では年収が多いほうが評価は高くなり、審査に通りやすくなります。かといって、収入の高さだけが重要なのではなく、安定性が重視されます。

収入の高い・低いというのは、たとえば利用限度額などには影響しますが、審査に可否だけなら大きな問題とはなりません。

年収が400万円で収入がゼロの月がある人よりも、年収は200万円でも毎月給料をもらっている人のほうが審査では有利です。

日本貸金業協会のデータでは、借入経験のある人の年収別の割合は以下のようになっています。

年収 割合
500万円以上 12.0%
400万円~499万円 16.3%
300万円~399万円 28.0%
200万円~299万円 17.1%
100万円~199万円 14.1%
100万円未満 12.5%

上記の表によると、年収が200万円未満の人が全体の4分の1も占めています。

たとえ年収が低くても、安定していれば消費者金融の審査に通る可能性は充分にあると言っていいでしょう。

ここで問題となるのが、「安定」の基準です。通常は「毎月1回以上の給料日があること」「1週間に3日以上、同じ職場で勤務していること」の2つが必要です。

単発バイトや週に1日や2日の仕事の場合には、その点で審査に通るのは厳しくなります。ただ、バイトを掛け持ちしていて、週に3日以上になっているという場合には、相談次第で審査に通る可能性もあります。

心配なら申し込みの前でも相談に乗ってもらえますので、フリーダイヤルに問い合わせてみましょう。

信用情報で問題がないこと

消費者金融では、借入の申し込みがあると信用情報機関で申込者の信用情報をチェックすることになっています。信用情報というのは、申し込んだ本人の金融利用情報や借入状況などを登録する機関で、各社が情報共有して閲覧することができるようになっています。

信用情報には以下の3つがあり、それぞれが共存して情報を確認できるようになっています。

  1. 株式会社日本信用情報機構(JICC)→主に信販会社が加盟
  2. CIC・主に消費者金融などの貸金業者が加盟
  3. 全国銀行個人信用情報センター・主に銀行が加盟

たとえば消費者金融で借入があるときにはCICに借入情報が登録されており、銀行でのローン利用があれば全国銀行個人信用情報センターに登録されています。

そのため、たとえば消費者金融での利用がないときでも銀行のカードローンの利用があれば、消費者金融に申し込んだ時点でその事実は発覚します。

個人の消費者がどこからお金を借りているのかというのは、秘匿性の高い個人情報ですが、申し込みや限度額の増枠などいった場合には金融機関は利用者の許可のうえで閲覧して良いことになっています。

これは貸しすぎ・借りすぎを防ぐことが目的で、消費者保護という観点で行われています。アルバイトでフリーターがお金を借りようとして申し込みをする場合には、収入の安定性だけでなく、信用情報も審査対象になっていることを覚えておきましょう。

在籍確認が取れること

アルバイトやフリーターにとって消費者金融の利用でハードルが高いのが、「在籍確認」でしょう。これは消費者金融だけでなく銀行や信販会社でも同様ですが、申込者の申告した勤務先情報が正しいかどうかを確認し、確かにそこに勤務実態があることを調査するために行われるプロセスです。

原則的には、消費者金融の審査担当者が電話を職場に掛けるというスタイルで実施されます。つまり、業者がバイト先に連絡してくるということです。このとき、消費者金融では電話に出た相手に社名や要件を伝えることはありません。

あくまで知り合いが本人を呼び出して欲しいという体裁を取ります。仮に要件や身元を尋ねられても、「携帯に掛けたのですが、つながらなかったので」といったように上手にはぐらかしてくれます。

また、本人がその場にいなくても、「本日はお休みをいただいております」「外出しておりますが」といったように、その勤務先に勤めていることが分かるような回答が得られれば、在籍確認は完了します。

この在籍確認はネット上では不安だという意見も散見されますが、どういう会社でどういう立場の人にどういった連絡の仕方をすれば怪しまれないか、消費者金融にはノウハウが蓄積されていますので、あまり心配する必要はありません。

アルバイトやフリーターの場合には、収入の安定性という点では社員には劣るため、在籍確認は必須となると考えておいたほうが良いでしょう。

また、勤務先電話番号として登録するのは、あくまでも「自分が出勤している現場」である必要があります。支店や営業所などを数多く抱えている会社の本社や、人事課などを連絡先にしても、現場のことを知らない人に連絡がいく恐れがあります。

あくまで自分が出勤している現場の電話番号を連絡先としましょう。

アルバイトやフリーターはあまり有利な条件で契約できない?

収入の安定度が低いと評価される

消費者金融は個人融資を専門とする会社ですので、安定した収入を毎月もらっている人には基本的にお金を貸します。とはいえ、アルバイトやフリーターは審査では若干不利になってしまうことがあります。

収入はあっても安定度に欠けると判断されるためです。正社員であれ派遣社員であれ、社員であれば突然仕事を辞める可能性は低いとみなされますが、アルバイトで稼いでいるという人は急に仕事を辞める可能性が高く、そのため収入の安定度は低いと判断されます。

仕事の継続性という点では、派遣社員のほうが信用がやや高いというのが消費者金融のスタンスです。ただし、これもケースバイケースで、もしアルバイトであっても同じ職場に長年勤めているという実績があればマイナス要素を充分にカバーできます。

フリーターであっても、一つの職場に3年勤めていて年収が300万円以上あるなどといったケースでは、むしろ入社したての正社員よりも信用力はあると判断されることがあります。

たとえば、ずっとアルバイトで生計を立てている30代の男性であって、勤続年数が10年以上あり年収が270万円というケースで、アコムとSMBCモビットの2社からそれぞれ50万円・合計100万円の契約を結ぶことができたという報告もあります。

特に資格の必要な特殊なものではなく、運送会社の事務仕事をしているという人です。長い間、同じ仕事を続けていることは、たとえ非正規の雇用であっても消費者金融から見て好印象になると推測されます。

利用限度額が制限されることがある

アルバイトやフリーターの場合には、審査には通るものの利用限度額が制限されることもあります。消費者金融では、正社員・派遣社員・アルバイト・パートという雇用形態に応じて利用限度額の上限を設定しているところもあります。

そのため、いったん限度額が設定されると遅延なく返済していても限度額の増枠に応じてもらえないということもあります。

フリーターやアルバイトの人に設定される利用限度額の多くが10万円です。これは返済能力や雇用形態の不安定性が影響していると推測されます。ネットで報告が多いのは「プロミスではアルバイトの利用限度額は必ず10万円からのスタート」というものです。

同じ経験をしている人は非常に多くいるため、プロミスではアルバイトの限度額をここまでと設定していると推測されます。

また、他社を選んだからといって10万円超の契約を結べるとは限りません。そのため、フリーターやアルバイトの人が消費者金融を利用する際には、複数社を同時に利用するという事態に陥るケースが多く、注意が必要です。

限度額が10万円から増枠されないのであれば、もっと借入が必要なときには他社から10万円で契約すれば合計で20万円の借入枠を得ることができます。

確かに借入枠を増やすには効果的ですが、結局は借金ですのでいずれ返済しなければなりません。不安定な職種にあって、多額の借入を抱えるのはリスクが高いため、あまりおすすめはできません。どうしても必要というときにだけ借りて、なるべく早めに完済するように努めましょう。

申込確認で借入する事情を訊かれる

消費者金融の審査では、様々な「個人属性」を数値化して合算した点数によって可否を決めていくシステムを採っています。「スコアリング審査」と呼ばれるものですが、ここでは職業や収入といった個人の情報が重視されます。

スコアリング審査で得点が高いのは正社員です。派遣社員や契約社員などがそれに続き、アルバイトやフリーターは最も低い数値になります。

この他、他社借入があるか、住居が持ち家か賃貸かなどの複数の要素を数値化しますが、この合計得点が「審査通過ギリギリ」ということが良く発生します。特にアルバイト、フリーターに起こりがちです。

こういった審査ギリギリの人に対して、消費者金融は申込書に記載しているだけの内容以外の事柄を審査することになっています。消費者金融に申し込みをすると、申し込み確認として連絡が必ず来ます。連絡先としてスマホを登録すると、申し込みしてから数分のうちに担当者から連絡が入ります。

これは、確かに本人が申し込みをしたことを確認するという工程ですが、審査通過ギリギリの人に対して、「借入を希望する具体的な理由」「家族構成」「仕事の内容」などといった踏み込んだ質問をすることがあります。

これは何かしらの疑いをかけているのではなく、申込用紙に記載された個人属性以外の個人の事情を把握したうえで的確に審査しようとしているものです。収入や社会的地位に関して弱いという人に個別の事情を考慮して審査するという目的があります。

ここでしっかりと質問に答えていくことが非常に重要になります。どうして借りるのか、借りたお金を何に使うのか、仕事は継続的にやっていく意思があるかなどを明確に答えましょう。

社会人らしく真面目に答えることも重要です。ぞんざいな口調で返答する人は反社会的勢力の一員と間違われて審査落ちすることがあります。

こういうフリーターは審査に落ちやすい

勤続年数が短い

消費者金融がフリーターからの申し込みを審査する際に最も重視されているのが「勤続年数」です。職種や仕事の内容も重要ですが、なによりも長く勤めているという実績は高く評価されます。良く言われていることに「勤続年数は少なくとも1年は必要」というものがあり、これには根拠もあります。

というのも、消費者金融の申し込みでは収入を「年収」として申告するからです。1年以上の勤務があれば、たとえば源泉徴収票や確定申告書などが用意できるはずです。年収を確認するための書類としては、この2つが最も信頼性が高いため、1年以上は勤めて1回は源泉徴収票をもらっておきたいところです。

銀行のカードローンではフリーターの申し込みで勤続年数が1年未満であれば、それだけで審査に落とすというところもあります。消費者金融はそれほど厳しくありませんが、収入の安定性に欠けると判断されるフリーターの場合には1年程度の勤務実績は欲しいところです。

もし、あと数日や1ヶ月程度でちょうど勤続1年となるなら、それまで待ちましょう。勤続11ヶ月と勤続1年では大きな違いがあります。ただし、他社からの借入が少ない、またはまったくない状態であって、どうしても借りなければならない事情があるといった場合には、勤務初日でも審査に通過させてくれることもあります。

このときには利用限度額は10万円か、それ以下に設定されることが多く、高額の融資は期待できません。絶対に1年は必要というわけではありません。あくまで審査での有利・不利の問題です。

短期アルバイト

勤続年数とリンクする事柄ですが、フリーターで短期バイトを繰り返しているというケースでは消費者金融の審査では不利となります。短期バイトを続けている人は、それを正式に職業として行っているとはみなされません。

バンド活動をしていたり、劇団の研究生の身分だったりする場合、時間の融通が利く短期のアルバイトをしていることは非常に多くあります。このときには、消費者金融の審査では良い結果は期待できません。

また、アルバイトでは時給・歩合給で給与が支払われるケースが多いですが、これよりは固定給のほうが信用力は高いと評価されます。正規雇用ではないが固定給をもらっているというケースとしては、派遣会社に登録して働いているという雇用形態が挙げられます。

派遣会社から勤務先に派遣されて働いているというときには、正規の雇用でなくとも消費者金融の審査では有利です。

また、歩合給のすべてが不利というわけでもなく、たとえば予備校や塾の講師、プログラマーなどの技能を必要とする職種の場合には勤務年数が長ければ審査では不利とはなりません。

完全歩合給であっても、毎月の給与が高ければ仕事を辞める可能性は低いと見積もられるため、不利な面をカバーできます。

居住に関する情報も重要

アルバイトやフリーターは、正社員や公務員などに比較すると収入は低い傾向があります。そのため、どの程度の家賃負担があるかという情報は審査で重視されます。一般的には収入の3割を超える家賃や住宅ローンを支払っているときには、多すぎと判断されて審査で不利になります。

良くあるケースとして、親が購入して自分は住宅ローンを支払ったり家賃を支払ったりする必要のない実家で暮らしているフリーターは、住居費用がかかっていないので、審査では有利となります。自分で家賃を支払っている人のほうが責任感があるなどと判断されることはありません。

家賃・住宅ローンの支払いがないということは、それだけ収入から返済に回せるお金が多いことを意味するので、実家暮らしの人のほうが消費者金融の審査では有利です。

賃貸の物件に住んでいる人の場合は、居住年数も審査の項目となります。これは居住年数が多いほど有利です。居住年数が長いということは、それだけ生活が安定していることを意味するからです。

収入から見て家賃が高めの物件に住んでいる人は、その分生活費の管理のできている人とみなされることもあります。

一般的には居住年数が1年以下のときには安定性に欠けると判断され、5年以上だと安定しているとみなされます。

他社借入が多すぎる

消費者金融だけでなく、あらゆる金融機関では新規の申し込みで他社借入を重視します。この点ではアルバイトでもフリーターでも、正社員でも同じことで、他社からの借入金額や借入件数が多いと審査落ちする可能性が高まります。

審査に通ったとしても利用限度額が低く設定されます。雇用形態を問わず他社借入の件数の基準を公表している業者もあるほどで、他社借入は申し込みでは注意しておく必要があります。

一般的に、銀行のカードローンでは他社借入は3件未満、消費者金融では4件未満と言われています。申し込む消費者金融が4件目であるとき、審査で否決される可能性は高いと言えるでしょう。

たとえば、すでにアコム、プロミス、アイフルから借りているとき、新たにノーローンやSMBCモビットに申し込むと、それだけで審査に通らないということになります。

消費者金融には貸金業法が適用されますが、ここに総量規制という規定があります。これは「利用者の年収の3分の1以上を貸し出しをしてはならない」とするもので、貸金業者からの借入が年収の3分の1に達しているとき、それ以上の借入はできません。

マネー案内人
マネー案内人
貸金業者とは、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠です。ここで問題となるのが、アルバイトやフリーターに対する利用限度額と、借入件数・借入希望額との兼ね合いです。

フリーターで年300万円あるとき、総量規制のうえでは100万円まで借入はできるはずですが、収入の不安定性から1社につき10万円程度の枠しかもらえない可能性があります。3件借りていると合計で30万円ですので、総量規制のうえでは借入の限度額はまだ70万円あることになります。

ところが、すでに3件から借りているので、4件目である業者からの審査は否決されてしまいます。こういった事態が発生することが多いことはネットでも数多く報告されています。注意しましょう。

アルバイト・フリーターこそ大手の消費者金融へ

年収は高くなくていい

アルバイトやフリーターの人にとって消費者金融からお金を借りる申し込みをするのは気が引けるかもしれません。

良くある理由が「自分のような低収入でも貸してくれるのか」ということでしょう。しかし、こういった人こそ大手の消費者金融業者に申し込みましょう。

大手の消費者金融は高所得者・中程度の所得者・低所得者など数多くの立場の人に貸してきた実績があります。しかも「個人の消費者にお金を貸す」専門業者であるため、同じような条件の人に貸出をしてしっかりと利益を得てきた経験が豊富です。

大手の消費者金融の利用者の約4分の1が年収200万円の人です。

所得が低いから借りられないと即断するのではなく、まずは大手の業者に申し込みしてみましょう。ただし、最低限の必要条件は満たしている必要があります。

たとえば、大手のひとつであるアコムの審査に通るための最低の条件は以下の6つです。

  1. 20歳から69歳である。
  2. 毎月収入がある。
  3. 信用情報に問題がない。
  4. これまでアコムが関連する金融機関で金融事故を起こしていない。
  5. 半年以内にアコムへの申し込みをしていない。
  6. 消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠を合わせて年収の3分の1に達する金額を借りていない。

他社でもほとんど同様です。年収の高低は審査そのものにはあまり関係ありません。安定性重視です。

他社借入にはやや厳しい

低所得で消費者金融の審査に通るかどうか不安な人がチェックしておきたいのは、他社借入です。他社での借入が少ない、またはまったく借りていないという状態が理想です。すでに他社からお金を借りているときには、審査落ちのリスクは高まります。

消費者金融の利用に関して初心者の人には、どの業者でも優しい傾向があります。多くのデータで、「人は最初にお世話になった金融機関をずっと利用し続ける」という心理的な傾向があることが分かっています。

アコムでもアイフルでも、また銀行でもまったく同様で、最初に契約した金融機関には「貸してくれた」「助かった」という意識を持つことが多く、継続的に顧客となってくれる可能性が高いので、借入がない状態の人を消費者金融は新規顧客として高く評価します。

すでに借りている人は、件数をチェックしましょう。消費者金融では一般的に「4社目の申し込み」は審査で否決されます。そのため、2社から借りている状態で3件目というのが限界と考えましょう。これも業者によって若干の違いがありますが、おおよそ4件目の審査は通らないと考えていいでしょう。

アルバイトやフリーターですでに3つの業者から借りている人で、すでに返済に困っている状態のときには、「おまとめローン」「借り換えローン」の活用を考えたほうが得策です。これ以上借入を増やすのは危険です。

聞き取り・提出書類・在籍確認がポイント

消費者金融の審査のポイントになるのは、

  1. 審査担当者からの聞き取り
  2. 提出書類
  3. 在籍確認

の3つです。

聞き取りは、申し込み直後にかかってくる本人確認の連絡のときに実施されます。主に借入の理由と仕事の内容を訊かれます。すでに他社から借りている人には、どの程度をいつから借りているのかなどを尋ねられます。ここで見栄を張って嘘をつくことのないようにしましょう。

「これはお金を貸してあげないといけない」と思わせるような理由であることが望ましいと言えますが、ありもしない結婚式の費用などと答えるもの問題です。無難に生活費の調達と言っておきましょう。

ただし、お金の使いみちとしてギャンブルと投資を答えるのは厳禁です。もしギャンブルによって生活費の工面が困難になったときでも、生活に困っているということだけを伝えましょう。

提出書類は重要です。運転免許証やパスポートを本人確認書類としますが、両方とも持っていなければ健康保険証と他の公的書類を組み合わせて提出する必要が生じるときがあります。公式サイトを確認したり、フリーダイヤルに問い合わせしたりして確実に準備しましょう。

また、在籍確認はほぼ必ず実施されます。バイト先に直接担当者が連絡しますので、自分がそこで働いていることが実態として分かるようにしておきましょう。できれば自分が出勤する日が望ましいところです。夜の時間帯に申し込みだけしておいて、翌日の出勤日に自分で電話を取るというのが賢いやり方です。

まとめ

アルバイトやフリーターだからといって、消費者金融からお金を借りることができないわけではありません。多少の制限はつきますが、契約することは可能です。

聞き取りでしっかりと受け答えしましょう。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...