お金を借りる方法

主婦がカードローンでお金借りる 専業主婦でもバレずに借りられるの?

マネー案内人
マネー案内人
キャッシングの利用者で一番多いのが、主婦だった時期が有ります。しかし、2010年に貸金業法が改正され、総量規制が完全施行となった事から、主婦のキャッシングは制限されるようになりました。

専業主婦でもお金を借りることはできるの?

専業主婦が消費者金融で融資を受けるには配偶者貸付制度を取り入れている消費者金融か、専業主婦専用の商品が用意されている銀行カードローンなど、専業主婦がどうしてもお金が必要になった時の対処法を紹介します。

消費者金融の「配偶者貸付」とは

2010年貸金業法の改正で、総量規制が完全施行で消費者金融や信販会社の融資限度額は、「年収の3分の1以内」と制限されるようになりました。

そのため、パートやアルバイトをして収入を得ている兼業主婦などの場合、これまで通り申込が可能ですが、無収入の専業主婦は消費者金融での借入は厳しくなっています。

消費者金融で専業主婦が融資を受けられるのは、「配偶者貸付」を取り入れている消費者金融になります。

総量規制には規制の対象外になる「除外貸付」と「例外貸付」があり、「配偶者貸付」は「例外」になり、総量規制の影響を受けないので、収入のない専業主婦でも融資が受けられる制度です。

ただ、「配偶者貸付」は主婦の個人名で申込みはできない事や、申込するには配偶者の同意が必要など、条件が厳しくなります。

この制度を取り入れている消費者金融なら、専業主婦でも申込みは出来ますが、「配偶者貸付」は審査や調査に時間がかかり、採算が取れない事から大手消費者金融はこの制度を中止、もしくは廃止しています。

大手消費者金融は「本人に収入がある事」を条件にしているので、現状は専業主婦のキャッシングは、厳しくなっています。

専業主婦のキャッシングは銀行カードローンがおすすめ?

一方、銀行カードローンは、銀行法に基づいて事業を行っているので、貸金業法の総量規制の年収による制限は受けません。

2017年、銀行カードローンは自主規制を行うようになり、融資条件や審査内容が今まで以上に厳しくなっています。専業主婦専用の商品を中止している銀行も増えてきています。

ただ一部の銀行では取り扱っているところもあるようですが、現状は厳しいと思った方が良いでしょう。

専業主婦でも借りられていた時は銀行カードローンも収入が有る事が条件でしたが、主婦専用のカードローンで無収入の主婦でもキャッシングができていました。数少ない専業主婦でも、借りられる方法でした。

カードローンは金融商品のひとつ

銀行は企業向け融資や個人に対しては、目的別ローンやフリーローン、カードローンなど多くの金融商品を扱っています。

目的ローン

教育資金や住宅ローン、マイカーローンなどの目的ローンは、利用目的を決めて、目的に応じた必要書類を用意して申請します。

目的ローンはカードローンよりも低金利で借りられるのが魅力的ですが、誰でも借りられるというものではなく、希望通りの融資を受けるにはそれに見合った収入が必要です。

フリーローン

フリーローンはカードローンとよく似ており、使用目的は自由ですが、一部契約できない使途(家賃や生活資金など)があります。フリーローンは証書貸付で、契約が完了すると契約金が一度に振り込まれ、後は返済を続けるだけです。

追加融資をして貰うには、一度完済してしまうか、新たに別途申込みをして契約を結ぶ必要があります。

カードローン

銀行の金融商品の中で、もっとも手軽に融資が受けられるのがカードローンです。

  • 利用目的は何に使っても良い。
  • 無担保・無保証で借りられる。
  • 限度額が決まれば、その範囲内で何度でも追加融資が可能。

という点が、目的ローンやフリーローンと違うところです。

主婦でも借りれるカードローンの選び方

銀行カードローンの中でも、専業主婦でも可能なカードローンがあるので、専業主婦がどうしてもお金が必要、になったときは検討すると良いでしょう。

専業主婦でも借りられるカードローン

カードローン名 金利(年) 融資限度額
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5% 50万円まで
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 50万円まで
セブン銀行カードローン 15% 50万円まで
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6% 10万円~1,000万円まで(10万円単位)
ジャパンネット銀行カードローン 2.5%~18.0% 50万円まで

などがよく知られています。

まずは最優先させる目的を決める事が大切で、たとえば「金利は出来るだけ低いところ」とか「毎月返済額が少ないところ」と言うように、目的に応じたカードローンをピックアップしましょう。

その中から優先順位を決めて決定するのが、カードローンを選ぶ時のポイントです。

ちなみに、銀行カードローンは2018年から審査の方法が厳格になったため、専業主婦の即日融資も出来なくなっています。「今すぐお金が必要」という場合は対処するのが難しいので、出来る事なら事前に契約を済ませておく事をおすすめします。

専業主婦でも借りれる金融業者は?

カードローンには以下のような3つの系列があり、それぞれに特徴があります。この中で専業主婦が借りられるカードローンは、③銀行系(ネット銀行含む)カードローンです。

業種 特徴
①消費者金融系(中小含む)
  • 銀行系より金利が高め
  • 総量規制の影響で融資限度額は年収の3分の1以内
  • 大手消費者金融なら即日融資が可能
②信販系
  • 金利が高い
  • 消費者金融系と同じで総量規制の対象
  • カード発行までに時間がかかる
  • クレジットカードのポイントサービスが利用できる
③銀行系(ネット銀行含む)
  • 金利が低い
  • 総量規制の影響は受けないが、自主規制によって制限を掛けている
  • 専業主婦でも借入可能なカードローンがある
  • 即日融資が出来ない

ちなみに、銀行系というのは、ノンバンク(消費者金融系や信販系)に並ぶ言葉で、「○○銀行」という名前のところはもちろん、信用金庫や農協、労金などの小規模な金融機関も含まれます。

そして、「低金利で総量規制の影響を受けない」という特長は、銀行の規模にかかわらず、ほとんどの銀行に共通しているので、金利優先でお金を借りたい人は銀行系がおすすめです。

どうしてもお金が必要な専業主婦でも借りれるところは?

専業主婦が消費者金融系で融資を受ける時は「配偶者貸付」制度を扱っている消費者金融なら申込は出来ますが、申込で配偶者の同意が必要になります。ですから、家族(配偶者)に内緒で借入れすることはできません。

また、そもそも「配偶者貸付」自体扱っていないところも多いのが実情です。

マネー案内人
マネー案内人
主人にばれずに借入できない事や、提出書類が多い、最高金利が高い、審査に時間がかかるなどを考えると、「配偶者貸付」が可能な消費者金融を選ぶメリットはありません。

無収入の専業主婦でも比較的申込がしやすいのは、専業主婦でも可能な一部の銀行カードローンです。

主婦がお金を借りるならWEB申し込みが手軽で簡単!

マネー案内人
マネー案内人

カードローンの申込み方法には、郵送や電話、店舗からの申込が出来ますが、パソコンやスマホを利用して、インターネットで申込むWEB完結の申込方法が主流になっています。

WEB完結は申し込みから融資まで、すべてがインターネット上で済ますことが出来ます。

インターネット申し込みはパソコンやスマホを使って、24時間365日いつでもどこからでも申込が可能ですし、必要書類もスマホアプリで送信したり、画像保存した書類をメールに添付して送信したりするだけで、わざわざ店舗へ行く必要もありません。

「忙しくて申し込みに行けない」とか「店舗へ出入りしているところを見られたくない」という場合、WEB完結はおすすめの申し込み方法です。

家族にバレずに借りられる方法は?

銀行カードローンは、「配偶者貸付」のように、配偶者の同意書は必要ないので、夫や家族に知られる事無く利用できるようになっています。融資を受けたとしても、本人名義なので、夫の個人信用情報に記載される事もありません。

お金を借りているという事が家族にばれる原因は「郵送物が家に届いてばれた」というのが最も多いです。

ローンカードや契約書など、基本的に郵送になりますが、銀行名だけが入った封書で届くので、中身を見られない限りはカードローンを利用している事がばれる心配はありません。

利用明細書については多くの銀行カードローンは「WEB明細」が利用できるので、「WEB明細」に切り替えれば明細書が送られてくることもありません。

また専業主婦がカードローンを申し込んだ時の在籍確認は、自宅もしくは携帯電話に連絡が入ります。ですから「配偶者貸付」のように、配偶者の会社へ電話が入るという事はありません。

ちなみに、連絡先を携帯電話にしておけば、銀行や保証会社からの連絡は自分の携帯電話にかかってくるので、他の人が電話にでてばれるという心配もありません。

返済が遅れたり滞納したりしなければ、カードローンを利用している事がばれるという心配はありません。銀行カードローンは、家族にバレずに借りることができます。

主婦がお金を借りるポイント「金利が安い」

お金を借りる場合、誰もが思う事は「少しでも利息を少なくしたい」と考えます。特に家計を預かっている専業主婦にとって、利息を少なく借りるという事が重要になってきます。

その点、銀行カードローンなら低金利でお金が借りられます。また、毎月返済額も2,000円からと言うように、家計を圧迫するようなお金でもないので、安心です。

主婦が即日でお金借りるには?

審査に問題がなければ、銀行の専業主婦専用カードローンで即日融資が可能なところもありました。

しかし現在は、銀行の自主規制で一部の銀行を除き専業主婦専用の商品自体を取り扱っていないことと、カードローン審査において警察庁とのデータ照合を共有することとなっています。

そのため実質的に審査が完了するまで、数日から数週間かかる場合もあります。これは主婦が借りるから審査に時間がかかっているのではなく、銀行で借りる場合は「即日融資」は望めないと言うことです。

しかしながら次の場合、

  • 既に口座を持っている
  • クレジットヒストリーは問題なし
  • 在籍確認が取れる(専業主婦の場合は不要)

条件を満たせば即日融資の可能性も高くなります。

しかしその場合でも、消費者金融のように最短即日というわけにはいかないでしょう。

セブン銀行カードローンは専業主婦でも借りられる?

利用限度額 10万円・30万円・50万円
資金使途 自由(事業性資金を除く)
金利 年率15.0%(変動金利)
審査時間 最短で即日融資
最低返済額
  • 利用限度額10万円→5000円
  • 利用限度額50万円まで→1万円
返済日 毎月27日
保証会社 アコム

セブン銀行の貸付条件は

セブン銀行の貸付条件は以下のようになります。

お申込み(新規・増額)に際しては、当社および保証会社アコム株式会社の審査があります。審査の結果、お申込みをお断りする場合があります。ローンサービスをご利用いただける方は、次の条件を全て満たす方に限ります。

  • セブン銀行口座をお持ちのお客さま(個人)(口座開設とローンサービスを同時に申込まれたお客さまを含みます)
  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満のお客さま
  • 一定の審査基準を満たし、当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられるお客さま
  • 外国籍の方は永住者であること

※外国籍の方が永住者であることの確認は有人店舗でのみ実施します。となっており専業主婦についての記実はありません。

しかし、「安定した収入」の記載もありません。しかしながら、申込用紙には配偶者の年収の記載欄があります。つまり、配偶者の収入については審査対象となるわけです。

ですからセブン銀行は、本人に収入がなくても配偶者に収入があれば借りられる可能性が高い、と言うことです。実際、セブン銀行で融資を受けた専業主婦の口コミも見受けられます。

セブン銀行には「ローン専用カードなし」 家族にバレにくい

既にセブン銀行口座をお持ちなら、キャッシュカードにローン機能が追加されるため、そのままローンカードとして利用できます。

また、口座を持っていない人はキャッシュカードが送られてきますが、通常のキャッシュカードですので家族にバレるリスクも低いのではと思います。

レイクALSAは主婦でも借りれるの?

以前のレイクなら銀行系のカードローンでしたので、借入は可能でした。しかし、現在は名前も「レイク」から「レイクALSA」に変更し消費者金融系のカードローンです。

そのため、貸金業法により専業主婦への貸付は行われていません。

専業主婦が借りられるカードローンは審査甘いの?

専業主婦でも絶対に借りられるカードローンは存在しません。

「配偶者貸付」制度を取り入れているところであれば主婦の借入も可能ですが、残念ながら現状はほとんど取り入れておりません。また、貸金業法により大手の消費者金融で専業主婦は借りられません。

マネー案内人
マネー案内人

となると、銀行カードローンの選択しかありませんが、こちらもまた2017年の過剰融資問題で自主規制が行われており、無収入の主婦の借入は厳しい状況と言えるでしょう。

このことからも、専業主婦が借りられるカードローンで審査が甘いところはなしと思った方が良いでしょう。

ですが、次に挙げる「極甘審査ファイナンス」は主婦でも借りれるカードローンと巷で言われているようです。

主婦でも借りれるカードローン「極甘審査ファイナンス」とは?

主婦でも借りれるカードローン「極甘審査ファイナンス」とは、中小消費者金融を指します。

中小消費者金融とは、大手の消費者金融や銀行で断られた人を対象に融資を行っている街金業者のことです。街角やビルの一角で営業をしていることから街金と呼ばれています。

地域密着型の貸金業者ですが、最近はネットが普及したこともあって積極的に全国からの申込にも対応しています。

知名度が低いためヤミ金ではないかと不安な人もいらっしゃるかもしれませんが、都道府県に業者登録した正規の貸金業者です。ヤミ金のような法定外な利息を取ることもありません。

過去、自己破産や債務整理を行った人にでも、現状の状況によっては貸してくれるため、「極甘審査ファイナンス」とも呼ばれています。

通常大手の消費者金融では「配偶者貸付」は行っていません。しかし、中小消費者金融の中には、「配偶者貸付」を利用して申込ができるところがあります。

配偶者貸付が利用できる中小消費者金融は?

貸金業者名 金利(年) 融資限度額 無利息サービス
ベルーナノーティス 4.5%~18.0% 最大300万円 14日間利息0円実施中(※予告なく終了する場合あり)

ベルーナノーティスであれば「配偶者貸付」を利用しての申込が可能です。以下のように、申込者と配偶者を合算した年収の3分の1から、借入残高を引いた金額での借入が可能です。

公式サイト上にはっきり記載している「ベルーナノーティス」を例にご紹介していますが、ベルーナノーティス以外にもキャネット、フクホーエイワでも条件によっては借りられる場合がありますのでご相談ください。

必要書類は?

「配偶者貸付」を利用するためには、次の書類が必要になります。

  • 婚姻関係の証明書(住民票など)
  • 本人確認書類
  • 同意書

これらの書類手続きもあるため、即日融資はできません。また同意書などが必要ですので、旦那さんに内緒で借りたい主婦にも向きません。

ですが後々の夫婦間トラブルを考慮するなら、主婦が借りる一番のおすすめな方法ではないでしょうか。

まとめ

以上、専業主婦でも借りられるキャッシングについて、消費者金融系と銀行系の違いを比較しながら解説してきました。

マネー案内人
マネー案内人
専業主婦でも借りやすいのは、主婦でも可能な一部の銀行カードローン、もしくは、旦那さんの合意を必要とする「配偶者貸付」制度が利用できるところ、ということになります。

とは言え、2107年から銀行は自主規制を行うようになったため、銀行カードローンは審査がさらに厳しくなっています。

専業主婦だからと言って審査が甘いという事はなく、一般カードローンと同じ審査基準で審査が行われるので、審査の甘いカードローンはありません。むしろ、審査は厳しめと思った方が良いかもしれません。

  • クレジットカードや携帯電話の支払いで遅延や延滞を起こしている。
  • 短期間に複数社へ申込をした。
  • すでに他社で借入をしている。

などの場合、審査に通ることがさらに難しくなります。

カードローンの利用を考えている場合は、このようなことが無いよう普段から気を付けておく必要があります。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...