お金のコラム

水道代を滞納してしまった。督促状が!時効はある?そんな時どうすべきか?

水道代を滞納し!督促状が・・・時効はある?

水道はライフラインのひとつで、止められると生活が成り立ちません。ただ、水道料金を滞納すると、止められる事になるので遅延の内容に支払いを済ませる必要があります。

しかし、何らかの事情で支払いが出来なかった時はすぐ止められるのか、止められた時の対応はどうすればよいのかを知っておけば、もしそうなっても慌てる事無く対処できます。

滞納から給水停止までの流れ

水道料金の支払いは2ヶ月に一度、納入通知書が送られてきます。

支払い方法は、口座振替や送られてきた納付書で支払する事になりますが、納付期限までに支払いが出来ない時は、20日以内に「督促状」が送られてきます。

さらにこれも無視し続けると「勧告状」が届きます。

(督促状発行から約1か月)

それでも支払いがなされていないは「給水停止予告書」が届き、給水停止期限を予告されます。

(催促状から約2週間)

停止期限を過ぎた場合は給水が停止され、自宅での水の利用が不可能となります。

(給水停止予告から約2週間)

給水が停止されるまでには水道局から数回にわたりアクションがありますが、これを無視し続けると給水を停止になります。

 

給水料金が払えない時はどうする?

水道料金の滞納した場合、民事訴訟で裁判を起こされる場合があります。裁判になってしまうと、給料の差し押さえや、財産の差し押さえさえるなど、状況が非常に悪くなります。

水道料金の滞納は、ほぼ滞納者に問題がある事が多いので、裁判になってしまえば、どっちが不利になってしまうのかは明らかです。裁判に持ち込むほどの事態が考えられるのは、支払いの約束をしていたのにも関わらず滞納をしている場合は確定判決を受けて、強制執行(差し押さえ)によって回収する事になります。

マネー案内人
マネー案内人
どうしても払えない時は、水道料金納付期限前に水道局に連絡を入れて、納付期限の延期をお願いしてみましょう。

支払いの延期に応じてもらえると書かれている自治体はないようですが、交渉した結果、待ってもらえたという口コミなどで見る事があるのでダメもとで申し出てみるのもひとつの方法です。

もう一つの方法は分割払いを希望する事です。自治体によって違いますが、水道料金を分割での支払いが可能なところもあり、誓約書などの書類を提出すれば、分割払いにして貰える自治体もあります。

ただし、分割の支払いにしたけれど、滞納を繰り返す人に対しては、以後一切の分割納付や支払い期限の延長をして貰えなくなります。

さらには滞納分を全額納付しない限り水道を復旧しない、といった厳しい措置が取られることも多いようです。

延滞した時は延滞金が発生する?

水道の料金を滞納すると、自治体の水道局に大きな迷惑が掛かります。自治体によって対応が違いますが、場合によっては14.0%程度の延滞金を取られることがあります。

水道局に電話を掛けて、支払いをもあってもらえるかの交渉をする時、併せて延滞金についての問い合わせもしておきましょう。

カード決済は注意が必要

支払い方法で、口座振替や納付書によるコンビニで支払いをしている場合は、特に問題はありませんが、カード決済(クレジットカード)での返済は注意が必要です。

水道料金の決済にクレジットカードで支払いする事になっていて、なおかつ引き落とし日を過ぎてしまった場合、カード会社は銀行の連絡を受けて催促の準備にかかります。

短期間(数日間)の延滞なら、信用情報への影響はないでしょうが一定期間延滞が続くと、金融事故と判断して近いうちに信用情報機関の個人情報に事故記録が記載されます。各カード会社によって滞納情報を登録するタイミングは異なります。

たとえば、延滞すると「即A登録(未入金)を登録する」場合や「再引き落とし日がすぎるまで事故情報扱いにしない」「電話で事前に連絡があれば、約束の日までは登録しない」という事もあります。

延滞してしまった時は、カード会社に電話連絡を入れ、振込日の約束をするとか、必ず約束の日までに振込む、もしくは一部入金で済ませてもらうなど、出来るだけ早く対処する事が重要になります。

減免制度を利用する

水道局によっては条件に該当した世帯について水道料金の減免制度を利用することが出来ます。

減免制度とは、文字通り水道料金を減免できる制度で、利用できる対象者や減免される金額については地域によってちがいがあります。

減免制度が利用できる対象者は、

  1. 生活保護を受けている世帯
  2. 高齢者世帯
  3. 障碍者世帯
  4. 児童扶養手当を受けている世帯
  5. 生活保護を受けている世帯

などが、対象世帯で、減免制度を利用すれば全額無料にはなりませんが、水道料金の一部を減額してもらえます。

まとめ

水道料金は2カ月に一度支払えばよいだけですし、金額的にも生活費に負担を与えるような金額ではありませんが、何らかの理由で支払いが出来ない事があります。

そんなときの対処法として、繰り返しになりますが、出来るだけ早い段階で電話を入れて相談する事がポイントです。

相談する時は、支払いする意志がある事を明確にするためには、正直に支払いが出来ない理由を説明し、出来れば支払いの延期や分割払いにならないかの相談をしてみましょう。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】