お金を借りる方法

現在他社借入による借金あり!それでもお金を借りる事は可能なの?

現在他社に借金があるけどお金借りれるの?

カードローンを利用している人の中にはすでに複数社からの借り入れがあるので、これ以上お金を借ることは出来ないと思っている人もいますが、他社借り入れがあっても新たな借り入れが出来る場合もあるので心配する必要はありません。

すでに複数社からの借り入れがある人が、新たな申し込みをするにはどうすればよいかを紹介します。

申し込み先を選ぶ事が重要

マネー案内人
マネー案内人
カードローンの申し込みは、消費者金融や銀行カードローンで申し込みをしますが、他社で借り入れがある場合は、それぞれで条件が違ってきます。

銀行カードローンの場合

一方銀行カードローンは、総量規制対象外だったので、年収の3分の1以上でも借りることが可能だったため、2017年4月以降に銀行の過剰融資が問題となり、自主規制を強化する流れとなりました。

それまでは複数借金のある方や総量規制オーバーの方でも、手軽に銀行カードローンを利用できていましたが、現状利用するのはかなり難しくなっています。

現在、銀行カードローンの申し込みは、自主規制によって厳しく融資制限をしているので、初めてカードローンを利用する方は問題ありませんが、すでに他社借り入れがある場合、審査に通る可能性は少ないと言われています。

消費者金融の場合

基本的に消費者金融は、総量規制の対象になるので「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けるので、一般カードローンの場合は年収の3分の1を超えての融資は受けられません。

ただし、総量規制には例外になる「例外貸付」というのがあるので、融資限度額が年収の3分の1近くまで借りている、または超えていても審査が受けられる「おまとめローン」なら借りられる可能性があります。

銀行カードローンで借りている人は消費者金融がおすすめ

銀行カードローンは先ほど紹介したように、2社目の融資は非常に厳しくなっているので、新たな借り入れをする時は、消費者金融へ申し込む事をおすすめします。

消費者金融なら銀行カードローンと違い現在の借り入れ先で返済遅れや滞納がない限り、審査に通る可能性は十分にあります。ただ、銀行カードローンの審査は保証会社が受け持っています。

たとえば、三井住友銀行カードローンは「プロミス」、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は「アコム」が保証会社となっています。

新たに申し込みをする時は、保証会社になっている消費者金融への申し込みは避けた方がよいです。

三井住友銀行カードローンを利用している人が、新たな借り入れ先として「プロミス」を選んだ場合、三井住友銀行カードローンの保証額とプロミスの借り入れ希望額を併せた貸付額になるのでさらにリスクが増える事になり、審査がさらに厳しくなる可能性があります。

ですから、三井住友銀行カードローンを利用している時は「アコム」、三菱UFJ銀行「バンクイック」を利用している時は「プロミス」へ申し込みする事をおすすめします。

消費者金融で借りている人は総量規制対象外の商品がおすすめ

消費者金融は銀行のような厳しい規制がないので、他社借り入れがあっても、新たに申し込みが可能です。

ただ、消費者金融の場合は賃金業法に基づく総量規制に注意が必要で、原則年収の3分の1を超える場合は借り入れできなくなってしまいます。

ですから、借入件数が4件以下の場合は審査で落とされる可能性は少ないですが、借り入れ限度額が年収の3分の1近いまたは超えている場合や、借り入れ件数が5件以上あるという場合は、一般カードローンで申し込みは出来ません。

ただし、消費者金融は「おまとめローン」や「借り換えローン」というような、総量規制の対象外の商品を用意しているので、一般カードローンで審査が通らない人でも、総量規制対象外の商品なら融資が受けられる可能性があります。

おまとめローンは総量規制対象外

総量規制の対象外になる例外貸付けの1つに「顧客に一方的有利となる借換え」があります。

例外貸付とは、貸付残高を合算して計算しますが、例外的に年収の3分の1を超えた部分について審査を行い、その超えた部分について返済の能力があると判断できれば融資をしてもよいというものです。

例えば年収が300万円の人が、何社かで150万円を借入れている場合、すでに限度額の3分の1を超えている事になりますが、おまとめローンに借り換える場合、50万円について審査で返済が出来ると判断した場合は、150万円までの融資が可能という事になります。

これが例外の貸付けで、「おまとめローン」と呼ばれる商品です。

おまとめローンに借り換えが出来れば、月々の返済や金利の負担を減らせるため、例外的に借り入れができるようになります。消費者金融に申し込む際は「おまとめローンを希望」と伝えると、総量規制をオーバーした状態でも借り入れが可能です

まとめ

カードローンを利用している人の中には、「気が付いたら返済が出来ないほど借りていた」という人も少なくありません。カードローンはうまく利用出来ればこれほど便利なシステムはありません。

利用にあたっては注意が必要で「返済できないお金は絶対借りない」という強い意志が必要ですし、常にお金の管理をすることも重要です。

そのためにも返済シミュレーションなどを利用して、借りたらどれくらいの返済になるのかとか、返済が続けられる金額なのかを確認してから申し込む事をおすすめします。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...