お金のコラム

車のタイヤ交換資金がないときにお金を工面する方法

車のタイヤ交換資金がない!工面する方法

タイヤ交換は誰もが経験する事で、タイヤを新しく買い替えた時に取り換えたり、冬になるとスノータイヤに取り換えたりしますが、タイヤ交換はディーラーやオートバックスで交換したり、車検時にディーラーで交換してもらう人もいます。

そこで、タイヤ交換で損をしない為にも、どこがおすすめか、タイヤ交換費用が工面できない時、どうすればよいのかを紹介します。

タイヤ交換はどこでするのがおすすめ?

タイヤ交換をしてもらえる業者には

  • ディーラー
  • タイヤ専門店
  • カー用品店
  • ガソリンスタンド
  • 自動車整備工場

などで交換をしてもらえますが、それぞれにタイヤ本体、工賃が違ってくるので、タイヤ本体と工賃を併せた金額で比較する必要があります。

一般的に最も高くつくのがディーラーと言われています。しかし、チラシなどで季節の変わり目などにキャンペーンをしている時がある事や、自分の車の購入先と言う事や、ディーラーならではのきちんとした整備士が作業をしてくれるという安心感があるので、それほど車に詳しくない方や女性などはディーラーにまかせる事をおすすめします。

オートバックスのようなカー用品店の場合は、オリジナルブランドのタイヤは確かに安い価格で売り出されていますが、ブランドタイヤに交換したい時は結構高くつきます。

マネー案内人
マネー案内人
タイヤ交換の金額を安く抑えたい時は、タイヤ専門店で購入して交換するのが一番楽でしょう。

タイヤ交換費用の相場はどれくらい?

タイヤ交換費用はどこで交換するかによって費用が違うので、比較的価格が安いオートバックスを参考にしてみました。

タイヤは16インチまでとしたときの交換費用には、

  • 古いタイヤを外し、新しいタイヤをホイールに装着する費用として、~一本当たり1,000円程度。
  • タイヤを新しく組み替えた時のタイヤのバランスを調整する作業として、~1,000円
  • 空気を入れる箇所の部品で、タイヤ組み換えの時に交換する作業として、~250円
  • 古いタイヤの処分費として、~500円
  • 窒素ガス充填する費用として~500円

程度の交換費用が必要になりますが、それぞれの店舗で価格設定が違うので、事前に見積もりを取って交換費用がどれくらいになるのかを確認する必要があります。

タイヤ交換時の注意点

タイヤは消耗品なので、交換しなければならない時期を知る必要があります。タイヤの交換時期を走行距離によって判断するというのが一般的な表現の仕方ですが、走行距離だけでタイヤの寿命を知る事は出来ません。

たとえば、普段あまり車を利用しないという場合、走行距離はタイヤ交換の時期ではないのにタイヤにひび割れが入っているという事があります。

また、こまめにタイヤローテーションをしている人は、走行距離以上になってもスリップサインは出ないという乗り方をしている人もいます。

タイヤの交換時期はいつなのかを判断するには

  1. タイヤ交換をしてからどれくらいの年数がたっているか
    タイヤは古くなると経年劣化が起こるので、スリップサインやプラットホームが現れなくても使用開始から5年経過したタイヤは、安全運転のためにも交換を心がけましょう。
  2. タイヤにヒビが入っていないか
    タイヤは古くなると劣化が始まり、柔軟性を失いひび割れになって現れます。タイヤにひび割れを見つけたら交換する時期だと思いましょう。
  3. スリップサインが出ていないか
    タイヤの寿命はスリップサインによって簡単に知ることが出来ます。タイヤのスリップサインは6カ所あり1カ所でもスリップサインが現れたら、タイヤは寿命です。

    スリップサインはタイヤの寿命の最終段階なので、スリップサインが現れる前に交換しましょう。

ちなみに、タイヤを少しでも長持ちさせるには、タイヤローテーションをこまめに行う事や、空気圧を常に点検するなどを心がけましょう。

タイヤ交換の値段を安くするには

タイヤ交換は以外にガソリンスタンドが安いという声も少なくありません。ただし、安くする方法は、タイヤをインターネット通販などで購入し、ガソリンスタンドへ持って行くという、持ち込みで交換してもらう方法です。

中にはガソリンスタンドで給油ついでに点検したら「タイヤが古くなっているのでこれ以上走るのは危ない」と言われて、その場で高額なタイヤを買わされた、ということもあるようです。

普段から行きつけでないガソリンスタンドを決めておくと、そんなことはありませんし、顔見知りになっておけば、持ち込みの相談にも乗ってもらえるはずです。

ただ、どこのガソリンスタンドでもよいという訳ではなく、きちんとした整備士が常駐している必要がありますし、タイヤ交換が作業項目になっているガソリンスタンドに限ります。

ちなみに、ガソリンスタンドで交換してもらう費用は一本あたり500円~1,000円程度、でバランス調整は一本当たり500円程度が目安になります。

タイヤ交換費用がない時にお金を工面する方法

タイヤ交換の時にお金を工面しなければならない時、どうやってお金を工面するかという事ですが、10万円いないならそれほど難しく感が無くても工面できるはずです。

親に頼んで立て替えてもらう

お金を借りる方法として、親に頼んで立て替えてもらっているという方も多いと思います。親も「子供が困っているのなら」と思い、すぐにでも貸してくれるでしょう。

ただ、親にお金を借りるという事は、学生なら仕方のない事かもしれませんが、厳しい親なら「社会人になっても、自分の事は自分でやるように」と小言のひとつも言われる事もあります。

さらに、親だからと言って支払いがルーズになってなかなか返せない時は、さすがの親でもよい顔はしません。身内だからこそ、いい加減な事は出来ませんし、悪くすると親子関係に水を差すような事にもなりかねないので、出来る事ならこの方法は避けましょう。

クレジットカードを利用する

クレジットカードは、ほとんどの社会人なら誰もが持っているカードで、買い物や飲食代に利用する事が多いカードです。カー用品店やタイヤ専門店にはクレジットカードが利用できるところがあるので、お金が無い時はクレジットカードが利用できます。

またクレジットカードを取り扱っていない場合でも、お金を工面する事は可能で、キャッシングカードについているキャッシング枠の範囲内でお金を借りて、タイヤ交換代を工面する事が可能です。

カードローンでお金を借りる

お金を借りる方法と言えば、キャッシングでお金を借りるのが最適です。キャッシングは消費者金融や銀行、信販会社でも申込が可能で、現在では1,400万人のひとが利用しています。

キャッシングと言えば「サラ金」とか「高金利のお金を借りる」というあまり良くないイメージがありましたが、最近はそういった暗いイメージは払しょくされ、大手消費者金融や銀行カードローンで安心安全のキャッシングが出来るようになっています。

キャッシングでお金を借りるのは審査を受ける必要がありますが、タイヤ交換代を借りる程度のお金なら、よほどの事がない限り審査に落ちる事はないので、心配する必要はありません。

カードローンなら、

  1. 担保や保証人が不要なので人に迷惑を掛ける事はありません。
  2. 借入限度額が決まれば、その範囲内でいつでもお金が借りられる
  3. 大手消費者金融や銀行カードローンには、申込をしたその日にお金が借りられる即日融資が可能なカードローンもあるので、ほかの方法で借りられなかった時でもカードローンなら心配ありません。
  4. 消費者金融や銀行カードローンでは、無利息期間サービスが利用できるカードローンが有り、無利息期間内なら無利息でお金が借りられるというサービスを受けることが出来ます。
  5. 支払い方法は、毎月返済額が決められていますが、ほとんどの場合低めの設定になっているので、返済に困るという事もまずありません。

人気があるのはタイヤを通販で購入する方法 まとめ

一番簡単で手間が掛からないのは、車を購入したディーラーで交換してもらう方法です。しかし、簡単な代わりにディーラーは工賃もタイヤ代が最も高くなる方法です。

オートバックスやイエローハットでお願いするという選択肢もあり、商品によっては安くなる事もありますが、サービス品以外の場合、それほど安くはなりません。

マネー案内人
マネー案内人
繰り返しになりますが、最近よく利用されているタイヤ交換の方法は、インターネットの通販でタイヤを交換し、ガソリンスタンドで持ち込み交換をして貰う方法です。

タイヤ交換は、カー用品店やタイヤ専門館で交換する人が約40%、ディーラーや修理工場は20%、ガソリンスタンドで購入する人は5%と、90%以上の人が「高い買い物をしている」という事になります。

この中には車検で車を預けた時に交換している場合も含まれますが、工賃も含めて請求書を確認すれば通販と比べてかなり高めの買い物になります。

車検に出す前に通販でタイヤを購入し、ガソリンスタンドへ持ち込み、タイヤ交換を済ませてから車検を受ければ、車検費用を安く抑えることが出来ます。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】