お金を借りる方法

中小企業がお金借りる方法まとめ~借りれるところ一覧

中小企業がお金借りる方法まとめ

中小企業が金融機関から事業資金を借り入れしたいと思っても融資を受ける事が難しく、経営者自らの財布からお金を出しているという事は少なくありません。

確かに中小企業は大企業に比べて、融資のハードルは高いですが、融資が受けられるのは金融機関だけではありません。中小企業でも融資が受けられる制度を紹介しますので、参考にして下さい。

無担保でお金を借りるには

お金を借りる時、保証人や担保があれば融資が受けられやすくなりますが、中小企業は担保力が弱いので、出来れば無担保融資で資金調達が出来れば言う事ありません。

無担保融資で受ける方法は、「日本政策金融公庫」を活用する方法や「信用保証協会で融資を受ける方法」「制度融資でお金を借りる」方法があります。

日本政策金融公庫の「新創業融資制度」

日本政策金融公庫は創業に強いといわれていて、融資制度として新創業融資制度という創業時の資金調達を助ける制度があります。

新創業融資制度は無担保無保証で融資が受けられるので、創業時のように事業が不安定な時に力になってもらえる制度です。創業資金の融資を受けるためには創業計画書という書類が重要になってきます。

この書類作成は商工会議所主催の創業セミナーなどで詳しく説明を受けられますし、日本政策金融公庫の窓口でも審査担当者から詳細に書き方を教えてもらえるので心配する必要はありません。

創業資金の申込はインターネットや電話からでも行うことができるので、まずは気軽に相談してみる事をおすすめします。

「小規模事業者経営改善資金制度」

日本政策金融公庫が実施している融資の中に「小規模事業者経営改善貸付」(マル経融資)があります。正式名称を「小規模事業者経営改善資金制度」といい、一般的には「マル経融資」と呼ばれています。

「マル経融資」は、商工会議所や商工会から「この事業主ならお金を貸しても大丈夫」という推薦状を書いてもらえば、日本政策金融公庫からお金が借りられるようになります。

信用保証協会付き融資

金融機関から事業資金などの融資を受ける時、大きく分けて

  1. 「プロパー融資」
  2. 「保証付融資」

の2つがあります。

プロパー融資というのは、法人などの信用を基に融資をすることであり、別名信用貸しとも呼ばれます。

プロパー融資は信用に基づいて融資をするので、融資が行われるため、リスクに応じた引当金を準備する必要があり、もしも回収不能となった場合には銀行などが自ら債権回収をする事になります。

一方保証付融資は、信用保証協会の保証を受けて融資をする方法なので、保証付融資の場合、資金回収が不能となっても、債権の全額を信用保証協会が代位弁済するので、銀行からすれば債権が焦げ付く心配がありません。

また、信用保証協会によって保全されているので、銀行は引当金少額だけの準備だけでよくなります。ですから保証付融資とは、カードローンの申し込みで、保証会社の保証を受けられた人がお金を借りられるのと同じ融資方法になります。

自治体の制度融資

マネー案内人
マネー案内人
市区町村によっては、地元の金融機関と提携し、低利の融資を実施しているケースがあります。

実際の融資を行うのは金融機関ですが、金利などの貸付条件については、市区町村の制度として定められているので、どの金融機関で融資を受けても条件が変わる事はありません。

このように、自治体が金利等の貸付条件を定め、金融機関に斡旋をする融資を「制度融資」と言います 。市区町村の制度融資は、低利で固定金利な上、多くの自治体では、保証料の補助や利子の補給などの制度もあるため資金力に乏しい中小企業にとって非常に有利になっています。

また 本来の目的が地元企業の支援としているので、その自治体へ納税をしているなどの条件を満たすと、民間金融機関の融資(プロパー融資)よりも融資が受けられる可能性は高くなっています。

また、市区町村の制度融資については、利用条件として「他の信用保証協会を利用していない 」ことや「他の信用保証の利用残高と合わせた金額が判断基準」とされることもあるので、優先順位としてはまずは市区町村の制度融資から利用する方をおすすめします。

ビジネスローンで資金を借りる

中小企業が資金調達としてお金を借りる方法は、公的機関や公的制度で借りるのが一番です。しかし、公的機関や公的制度でお金を借りようと思っても、多くの資料を用意しなければなりませんし、審査を受けてもすぐに融資が決まるわけでもありません。

資金調達は、ある意味時間との競争にもなるので、出来る事ならすぐにでも用意しておきたいものです。そのため、一つの方法としてビジネスローンの利用も選択肢のひとつに加えてはどうでしょうか?

ビジネスローンとは、事業用に融資が行われる金融商品のことで、ノンバンクが積極的にビジネスローンの顧客獲得に努めています。

ビジネスローンは総量規制の対象外になるので、融資限度額は年収の3分の1位以内という枠はないので「収入が少ないから」といって心配する必要はありません。返済能力がしっかりしていれば、年収に関係なくお金が借りられるのが、ビジネスローンの特徴です。

ただ、ビジネスローンは様々な商品があり、無担保で融資が受けられる商品や有担保で融資を受ける商品もあるなど、業者によって融資条件などで大きな違いがあります。

金利の比較や融資条件を比較する必要がありますが、早ければ即日融資も可能なビジネスローンもあるので、すぐに資金が必要になった場合でも心配することはありません。

まとめ

繰り返しになりますが、中小企業が事業資金を用意するのは大変な事ですし、特に銀行などの金融機関で融資を受ける事は厳しくなります。

マネー案内人
マネー案内人
最も良い方法は、公的機関の融資制度を利用するのがベストですが、時間がかかるというデメリットもあり、必要な時期に融資が受けられるとは限りません。

一つの方法として、とりあえずビジネスローンを利用する方法があります。ビジネスローンは早ければ即日融資が可能ですし、今すぐお金が必要な場合でも審査に通ればすぐに融資を受けることが出来ます。

まずは公的機関へ申し込みを済ませ、融資が下りるまでの一時的な資金としてビジネスローンを考えてみてはどうでしょうか?

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...