未分類

無職の人がお金借りるためにやるべきこと

無職の人は、銀行であろうと消費者金融業者であろうと、どの金融機関の借入の審査にも通りません。借りたお金を返せる見込みがないと判断されるからです。

ただし、お金を作る方法ならあります。当座はそれでしのいで、仕事を探すか、公的支援に頼りましょう。

無職がお金借りる難しさ

無担保で無審査で合法なローンはない

無職の人がお金を借りる難しさは、無担保で無審査で合法なローンが存在しない点にあります。担保があれば、たとえば質屋でお金を借りることができますし、元々クレジットカードにキャッシング枠が付いていれば無審査でお金を借りられます。

キャッシング枠を付帯させた時点で、すでに審査は終わっているからです。無担保で無審査で「非合法」なローンなら、闇金から借りるしかありませんが、これは非常に危険です。闇金は徐々に数は減っているものの、形を変えて存在しており、被害は後を絶ちません。

担保がなく合法な借入先は、銀行や消費者金融業者のカードローンが一般的ですが、ここには「審査」という大きな壁があります。審査では返済能力があるかどうかが最重要のポイントで、この点で無職の人は無条件で外されてしまいます。

自治体など行政から融資を受けようとしても、やはり審査はありますので返済能力がなければお金は借りられません。

もし無職で担保にできるような品物や物件がなく、仕事も見つからないときには完全に「詰んだ」状態になっています。

こ何の面識もない他人からお金を借りることができないのと同様、金融機関は自分のことをまったく知らないので、身内に貸すようにお金を貸すということはあり得ません。

売れそうなものがあったらアプリなどを使って売るか、働ける状態ならハローワークに行くか、何らかの事情で働けないなら、地域の社会福祉協議会に行って相談しましょう。

最終的な手段は生活保護です。

無職がクレジットカードにキャッシング機能を付けられるか?

ネットで良くささやかれる情報に、一部のカードなら無審査に近い状態でキャッシング機能をつけることが可能というものがあります。実際に成功した事例もありますが、あまり大きな期待をしないほうが良いでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠には貸金業法が適用されます。貸金業法の基本に総量規制というものがありますが、これは「年収の3分の1以上は貸出してはならない」と規定しています。

無職の場合、この計算の元になる収入そのものがゼロですので、その3分の1もゼロです。つまり審査自体が不能ということを意味します。そのため、元から所有しているクレジットカードは使えますが、そこにキャッシング機能を付帯させることは不可能になってしまいます。

もし、申し込みをして無職であることが発覚したときにはクレジット機能も停止されてしまうリスクがあります。

「無職でもキャッシングが使える」という噂の発生源のひとつが楽天カードです。楽天カードはクレジットカードのなかでも非常に審査に通りやすいカードとして知られています。ネットの噂では「勇者」という職業名で審査に通ったという話もあります。

実際には、ゲームのコンテストで賞金を稼げる人で、プロのゲーマーとして楽天カードの審査に通過できたわけです。それでも楽天の審査が柔軟であることに変わりません。

こうした事例があるため、楽天カードなら無職でもキャッシング枠が付けられるという噂が立ったと考えられます。ところが、楽天カードのキャッシング枠は意外に審査は厳しいと言われています。無理な申し込みをするのは危険です。注意しましょう。

仕事が決まったら消費者金融業者で借りられる

消費者金融業者でも銀行でも、無職の人にはお金を貸しません。また、アルバイトやパートの仕事を始めたばかりのときには審査には通過できないのが普通です。

少なくとも1回は給料をもらっており、その給与明細書が提示できないと、金融機関からお金を借りるのは不可能です。

これもネットで良く言われることですが、「1日でもバイトしていれば消費者金融業者では審査に通る」というものがあります。これも業者を選ばないと難しいので注意しましょう。

大手業者のひとつであるアイフルの公式サイトには以下のような記述があります。

よくある質問

誰でも申し込みは可能ですか?

満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する「給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生」の方で、当社基準を満たす方

専業主婦、年金受給、無職の場合は、お仕事が決まりましたら申込いただけます。

この記載によると「無職の場合は仕事が決まったら」とあるので、アイフルの審査基準によると、まだ仕事を始めていなくても申し込めることになります。

これについては、多くのネットユーザーが直接アイフルに問い合わせています。

アイフルの回答

それによると、勤務先が内定している状態での融資はできないが、1日でも出勤している状態なら可能と担当者が回答しています。そのため、アルバイトが決まったら勤務初日から申し込みが可能ということになります。

 無職がお金を作る方法

売れるものを売る

無職がお金を作る方法として真っ先に考えたいのは売れるものを売ってしまうことで、そのときの第一候補となるのが本でしょう。

ブックオフなどの古本屋に持っていくと10分から30分くらいで査定してくれます。短時間で現金に換えることが可能です。もう読まない本はどんどん売ってしまいましょう。

本を売るときに覚えておきたいのは、シリーズものを全巻一気に売ることです。人気の高いシリーズは1巻から最終巻まで揃っていると高価格で買い取ってもらえます。また、初回特典が付いている本はそれを添えて売りましょう。

CDやDVD

次に売れるものとしてCDやDVDがあります。本と同様に売ることができます。ネットオークションを利用しても売れます。そのミュージシャンや俳優などのファンに、高い価値を見出してもらえる可能性もあります。

CDやDVDを売るコツは「本と一緒に売る」ということです。一括して査定に出すと端数をオマケして高く買ってくれることもありますし、交渉も可能です。

デジタル用品

また、良く売れるものであってお金がないという人でも必ず持っているものがデジタル用品です。たとえばアップル社の製品は固定ファンがいるため、高く売れることがあります。

iPhone、iPad、Macはブランド品並みに扱われることもあります。

アップル社のものでなくても、中古のスマートフォンは定番商品としてしっかり売れます。意外なところでは、機種変更したときに残ってしまった古い携帯電話です。携帯電話のなかには珍しい機種として中古市場で高値で取引されているケースがあります。機種名を検索して調べてみましょう。

アニメグッズ

お金がなくて困っているときに頼りになるのがアニメグッズです。高額で売れるものの代表格と言っていいでしょう。売るものとしては、マニアが好むもの、限定品などがあります。

アニメはコアなファン層がいるため、そのマニアを狙った限定商品が数多く販売されます。もし、アニメグッズを持っているのなら、売るものの候補として考えましょう。

アニメグッズはショップに大量の掘り出し物があります。

自分のアニメグッズを売ったあとはアニメショップ内を良く見回してみましょう。転売して稼げる品物が眠っているかもしれません。

ゲーム機やゲームソフト

不要になったゲーム機やゲームソフトも高値で売れる品物です。特にメルカリでの人気が高く、同じ製品でも買取ショップよりも高い価格で売れることがあります。

特にPS製品は非常に人気が高く、メルカリで高く売れる製品として知られています。

ゲームの売買はメルカリが一番」という評価は、ネットの口コミ情報にも多く寄せられています。

音響機器

また、ネットオークションで高く売れるものとしてスピーカーやヘッドフォンといった音響機器があります。ブルートゥースのワイヤレススピーカーは人気があります。

ポータブルレコーダーやプリアンプ、CDJなども高額で売れます。ここでもメルカリは強く、他のオークションサイトよりも高く売れる傾向があります。

健康グッズやエクササイズ関連

健康グッズやエクササイズに関連する品物も、オークションサイトで売れます。ダイエット用のベルトや骨盤矯正ベルト、マッサージクッションなどが高い価格で売れます。

また、マッサージ機もオークションサイトで良く売れます。エクササイズグッズでDVDが付属しているものは、必ずセットで売りましょう。

すぐできるバイト

お金がないなら働きましょう。働くといっても、就職活動をするだけでもお金がかかります。とはいえ、無職で何もすることがないというなら、その時間を利用して現金を手に入れて生活するというのが得策です。

試験監督

1日ですぐに現金を入手できるアルバイトとして良く知られているのが交通量調査です。ただずっと座ったままで楽にできるというメリットがあります。こ

れと同様に、試験監督のアルバイトも、何もせずに時間が過ぎていくのを待っているだけでお金になります。

楽してお金を稼ぎたいというときにおすすめのアルバイトです。試験監督は学生ばかりと思われがちですが、社会人でもできます。ちょっとだけお金が欲しいというときに便利です。

並び屋

並び屋というアルバイトもあります。文字通り、列に並ぶだけの仕事です。人気商品の発売前から店舗の前に並んで、商品を購入することでお金がもらえるという仕事です。

やることは列に並んで商品を買うというだけですので、何の技術も特技も必要ありません。暇な時間があれば誰でもできる仕事です。時給は2000円から3000円くらいが相場で、ただ並んでいるだけで1万円近くを稼ぐことも可能です。

水商売

水商売は、働いたその日のうちにお金になる代表的なアルバイトのひとつです。女性にとっては稼げるアルバイトのひとつで、なかには最初から時給6000円以上のものもあり、効率よく稼げます。

また、水商売は男性スタッフが慢性的な人手不足の仕事のひとつで、常にどこかで募集しています。これも技能や能力は必要ありません。誰にでもできるアルバイトです。

自動車の免許を持っていれば、仕事終わりの女性を自宅に送るという仕事をすることも可能です。

在宅ワーカーになる

お金が手に入るまでに多少の時間はかかりますが、たいした就職活動もせずにお金を稼げる方法として、クラウドソーシングがあります。これは、企業が他人に任せたい仕事をネットを通じて個人に依頼するシステムです。

始めるには、まずはクラウドソーシングのサイトに登録して、そこで募集に応募します。初回はテストとして安い料金で仕事を請け負い、報酬についての話し合いがまとまったら本格的に仕事を開始します。

仕事の種類は多種多様ですが、代表的なものとして以下のようなものがあります。

・データ入力

・ライティング

・キャッチコピー作成

・デザイン

・口コミ情報作成

初めは相手先企業から依頼される仕事をコツコツとこなしていく必要がありますが、実績が付いてくると定期的に仕事を任せてもらえるようになります。

報酬は時給換算で200円程度から6000円程度まで幅広くありますが、手軽に始められるのがメリットです。

クラウドソーシングを提供するサービスとして以下のようなところが有名です。

・ランサーズ

・クラウドワークス

・シュフティ

・クラウディア

公的支援を利用する

こ収入がなく生活が厳しいと感じており、しかもまったく仕事ができないという状態ではないので生活保護も厳しそうだというときには、公的な支援制度を利用しましょう。

無職の人は、「お金を借りる」のではなく、お金を作るか働くか、または支援に頼るかというくらいしか選択肢はありません。

無料低額診療事業

何らかの事情があって、病院に通う必要があるのにお金がなくて通えないというケースは非常に多くあります。こういったときに「無職でもお金が借りられないか」と考えてしまいがちです。

そういった場合には、借りるという方向ではなく、公的支援に頼るという方向で考えましょう。低所得世帯向けの「無料低額診療事業」というものが一部の病院で提供されています。

利用者の状況にあわせて無料または低額で診療を受けることが可能です。しかも、病院が関連する事業なのに健康保険制度でまかなわれる制度ではないため、保険証がなくても利用できます。

ただ、この制度は都道府県によって様々に違いがあるため、自分が居住している自治体のホームページで良く確認しておく必要があります。どこの病院でも制度が利用できるのではなく、都道府県から委託されている病院でしか利用できません。

まずは自宅の近くに該当する病院があるかを調べましょう。管轄は各都道府県・市町村なので、自分の居住する自治体名に「無料低額診療事業」で検索してみましょう。

この制度を利用したいときには、福祉事務所などへ申請を行う方法もありますが、直接病院に出向いて窓口で相談するのが最も手早く済みます。

無料定額診療事業を行っている病院には、医療ソーシャルワーカーの設置が義務付けられているので、自分の状況を相談することが可能です。

誰でも利用できるとは限りませんが、必要な診療を受けるのに支払いが困難と判断されたときには、診察費の減額や免除を認めてもらうこともできます。

ただし、投薬治療にかかる薬の代金や移動費は対象外ですので注意しましょう。医療費をすべて支援されても生活が厳しいというときには、本格的に生活保護を検討しましょう。

住宅確保給付金

住宅確保給付金というものもあります。これは住宅を喪失している、または喪失するおそれのある賃貸住宅に住んでいる離職中の人が、就職を目指して求職活動をする場合に一定期間の家賃額を支給するというものです。

無職でお金がなくなってくると、たとえば公共料金や携帯電話料金の支払いが困難になってきます。賃貸住宅に住んでいるときには、家賃の負担は重くのしかかってきます。

どこからもお金を借りることができなくなって、公共料金の支払いが困難になってくると家賃の支払いも遅れ始めることがあり、生活が圧迫されている感じは強まってきます。

こういったときに、負担の大きい家賃を給付する制度です。給付金ですので貸付ではなく、返済の義務はありません。取り扱いは市町村ですが、利用する条件や給付額はおおよそ全国で共通しています。

住宅確保給付金の利用条件

・65歳未満で2年以内に離職している。

・離職前には自分の労働による賃金を得て、世帯の生計を維持していた。

・就労能力と意欲があり、ハローワークへ求職の申し込みをしている。

・離職によって賃金が支払われなくなったことにより住宅を喪失するおそれがある。

・申請者および申請者と同一世帯の収入の合計額が基準額に家賃額を合算した額以下である。

・申請者および申請者と同一世帯の預貯金が以下の金額以下である。

単身世帯:50万4000円

2人世帯:78万円

3人以上世帯:100万円

 

自立支援センター

市区町村や都道府県には「生活自立支援センター」が設置されています。基本的には相談員にお金や生活についてのアドバイスを受けられる場所として、低所得世帯や無職、離職中の人などに利用されています。

たとえば離職や離婚などによって以下のような状態に陥った人を支援します。

・家賃を滞納している。

・借金をどうしたらいいか分からない。

・お金の管理ができない。

・仕事が見つからない。

・生活に不安がある。

こういった様々な不安定な要素を自分の力だけで解決できないときに、相談窓口を使います。自分に合った自立支援制度があったときには、その利用方法や注意点を詳しく教えてもらえます。

これだけなら、単なる相談センターですが、東京都や大阪府などの自治体では「寮」を用意して自立支援を実施しています。

入寮すると衣食住を提供されながら収入を得ることができるようになるため、生活を立て直すチャンスとなります。もし、寮を用意している自治体に住んでいて無職であるときには、これ以上ない公的な支援となります。

ただ、この支援制度はどこも非常に混み合っており、入寮するためには高い倍率の抽選に通過しなければならないという状況になっています。

寮に空室がないときには「一時保護所」が用意されて生活することも可能ですが、こちらにも空きがないときには生活すること自体が困難になることもあり得ます。

自立支援ですので、入寮中はハローワークなどで求職活動を行い、自立するための意欲があることが必須となります。意欲がないとみなされたときや、交通費の着服などの不正行為が発覚したときには強制退去となります。

利用次第では、ある程度のお金を貯めた状態で社会復帰することができます。

公的な貸付制度

民間の金融機関から金を借りる審査にまったく通過できないくらいの困窮者向けに、生活福祉資金貸付制度というものがあります。

都道府県の社会福祉協議会を主体として、市区町村が窓口となって実施されている制度です。資金の貸付による経済的な援助と、民生委員による相談支援を行っています。

生活に困窮している人は、様々な課題を抱えている人がいます。その包括的な支援を継続的に行うことで自立の促進を図るというのが目的です。

貸付資金ですので、いずれ返済する義務がありますし、ある程度の審査があります。これに通らなければ貸付は行われません。完全な無職の状態から利用するのは困難なことが多いですが、これもケースワーカーなどに相談しながら支援の相談を受けることができます。

最も利用しやすいのは「総合支援資金」です。失業などによって生活が困難な人に生活費を支援する貸付制度です。保証人がいなくても年率1.5%という超低金利でお金を借りられます。

また、単身者の場合には最長で12ヶ月・毎月15万円以上、賃貸契約のときに必要な住宅費用は住宅入居費として40万円まで利用できます。審査には1ヶ月ほどの期間を要します。

多くの書類を提出する必要があり利用は困難ですが、超低金利の貸付ですので相談する価値はあるでしょう。

まとめ

無職の人は、「お金を借りる」という方向で考えても無駄に終わることが多いでしょう。それよりも、不用品を売却したり短期で良いのでアルバイトをしたりするほうが効率良くお金を手にできます。

どうしようもないという状態のときには、自治体の給付金や支援制度に頼りましょう。本格的に住居を失う前に行動する必要があります。