お金のコラム

家賃を滞納してしまった。立ち退きさせられる?そんな時どうすべきか?

家賃を滞納!立ち退きさせられる?

賃貸住宅を利用している方の生活費の中で、もっとも大きな割合を占めているのが家賃(賃貸料)と言う方も少なくありません。

仕事をしていて順調に支払いが続けられれば何の問題もありませんが、何らかの事情で家賃が払えなくなる事があります。

家賃が払えなくなると、最終的に当然家主や管理会社から退去を求められますが、もし退去した時の流れはどうなるのか、気になるところです。

滞納した時の流れ

一般的に家賃を滞納して数日経過すると、家主や管理を委託している管理会社から電話がかかってきます。

「うっかり口座に入金するのを忘れていた」とか「忙しくて振込に行けなかった」など忘れていた場合はすぐに入金すれば問題ありません。

しかし「出費が重なったため、家賃の支払いのめどがたたない」とか、かかってきた電話を無視したり、電話で振り込みの約束をしていたにも関わらず、その日に振り込まれなかったりすると、直接訪問や、書面による督促が行われます。

連絡しても滞納が続く場合は、連帯保証人に連絡がいくようになります。

賃貸契約を結ぶ時は、連帯保証人や家賃保証会社の保証が必要で、家賃を滞納した時は、連帯保証人に対して家賃を支払うように管理会社や大家さんが督促をします。

ちなみに、家賃保証会社の保証がある時は、保証会社が家賃を立て替えて払ってくれるので、こういった問題は起こりません。最近の賃貸契約では、連帯保証人を立てるより、家賃保証会社の保証に切り替えている場合が多くなっています。

さらに延滞が3ヶ月以上になると、内容証明郵便が送られてくる事もあります。内容証明郵便はある程度形式が決まっていて「滞納期間と滞納金額」「支払い期限」「支払いが完了しない場合は契約解除する」という趣旨の内容で、配達証明郵便と併せて送られてきます。

それでも滞納分の家賃が支払われない場合、明け渡し請求訴訟を起こされ、裁判所から訴状が送られてくるようになります。

明け渡し請求は、賃貸契約の解除が前提になり、契約解除をするための内容証明郵便が必要で、「家賃滞納が長期間」「催告を何度もした」「催告で契約解除を予告した」にもかかわらず家賃が支払われないという事があれば、契約海上が認められ、明け渡し請求が認められるようになります。

明け渡し請求が見とれられるまでの期間は、契約内容によって違いがありますが、裁判場で至るにはおおむね半年から1年が必要です。

失業中の家賃は支援制度が利用できる

このように、何の手立てもしなければ、やがては裁判になり強制撤去という事にもなります。あまり知られていませんが、失業中に家賃が払えなくなっている時は「住居確保給付金」が利用できます。

この制度は、生活保護に至る可能性はあるけれども自立が見込まれる人で、生活保護受給者の前段階の方になります。

生活困窮者自立支援制度を利用して「住宅確保給付金の支給」を受けたい方は、まず自治体の担当窓口(自治体の福祉課や社会福祉法人)などで相談してみましょう。

 

担当の支援員が「住居確保給付金申請時確認書」の説明をしてくれますが、窓口に出向くことができない場合でも支援員による自宅訪問も可能です。

申請にあたっては一定の条件を満たす必要があります。

  1. 離職後2年以内の方で満65歳未満の方
  2. 離職前は主たる生計維持者であった方
  3. 就労能力及び常用就職をしたいという意志があり、ハローワークに求職申込みを行っている方で、ハローワークへの求職申込みと、月2回以上の職業相談や自治体での月4回以上の面接支援など、求人先への原則週1回以上の応募等をしている方になります。
  4. 住宅を喪失している方または賃貸住宅に居住し住宅を喪失するおそれのある方等の他、収入がいくらまでとか、貯蓄はいくらまでという規定があります。この給付は原則3ヶ月までですが、求職活動の状況に応じて9カ月まで行進が可能です。

給付額は地域によって違いがありますが、東京都の場合は単身世帯で57,000円、2人世帯で64,000円の支給が受けられます。「住居確保給付金」は給付なので、返済する必要はありません。

この条件が満たされている方は一度検討してみてはどうでしょうか。

まとめ

マネー案内人
マネー案内人
家賃が支払えないという状況になった時は、まず家主さんや管理会社から督促の連絡は入る前に、こちらから電話を入れて状況を説明する事が重要です。
多少勇気がいりますが、こちらから正直に説明すれば、場合によっては家賃の分割や家賃の支払いを延期してもらえる可能性もあります。

督促があるにも関わらず、何もせずに放置しているとさらに状況は悪化します。強制退去になれば、悲惨な状況が待っています。多くの人は、再建する事が難しくなり、負のスパイラルに嵌ってしまいます。

強制退去にならないよう、分割をお願いするとか、キャッシングでお金を借りるとか、当面をしのぐ方法は考えれば見つかるはずです。家賃滞納は、結局お金の問題です。

今はお金が無くても、一時的にお金を工面し、そのうちにお金が順調に回るようになれば資金繰りも楽になるので、とりあえずは今を乗り切る事を最優先して考える事が重要になります

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】