学生ローン

学生ローンでお金を借りることを止めておいたほうがいい人はどんな人?

学生ローンでお金を借りることをやめたほうがいい人

学生ローンは、文字通り学生のためのローンで、学校の周りには必ずと言って1軒や2軒、店舗を見かけます。学生ローンは学生にとっておすすめのローンですが、場合によってはやめたほうがいい学生もいます。

学生ローンを利用するにあたって、利用しない方がいいとはどういう場合なのかを紹介します。

学生ローンは学生のためのローン

学生ローンは学生専用のローンなので、学生にとって利用しやすいシステムになっています。

申し込みが簡単

カードローンの申し込みは、本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)や借入希望額によっては収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書など)を用意する必要があります。

学生ローンは学生証だけあれば手軽に申し込みが出来るので、特別時用意するものはなにもありません。

学生なら未成年でも借り入れが出来る場合がある

通常のカードローンの場合、申込条件は20歳以上となっていますが、学生ローンの場合は未成年の学生でも貸してもらえるところがあります。

ただし、一部の学生ローンは20歳以上限定に制限されているケースもあるので、あらかじめ年齢制限を確認しておきましょう。

親の同意は不要

学生ローンを利用するにあたり、「親にばれないか心配」という学生もいますが、学生ローンは両親の同意などは一切必要ないので、バレる心配はありません。

ただし、未成年の学生が利用する場合は、同意を求められる業者もありますが、基本的には自分一人の判断で利用できます。

利用目的に制限はない

学生ローンは、アルバイト代が入るまでの一時的な借り入れや、家賃の支払いに充当したり、公共料金の支払いに利用したりと、利用目的が決められていないので、パチンコや競馬などのギャンブル以外ならどんな目的にでも利用が可能です。

在籍確認がない場合が多い

消費者金融や銀行カードローンの審査は必ず在籍確認が行われますが、学生ローンの審査では「在籍確認なし」とする場合が多いです。正確には、「アルバイト先に電話連絡が来ない」というのが正しいです。

学生の場合、夜間営業が中心の居酒屋などで勤務している人も少なく在りませんし、さらに複数のアルバイト先を掛け持ちしている学生もいます。

ですから、業者側としては「学生の在籍確認がとりにくい」という事や「バイト先に知られたくない」という気持ちに理解がある事から、在籍確認を取らない場合が多いようです。

金利は全体的に低金利

学生ローンの金利は、消費者金融の金利より低い金利で利用できる学生ローンがあります。

大手消費者金融は「プロミス」の17.8%以外はすべてが18.0%となっていますが、学生ローン「イーキャンパス」は金利14.6%~16.5%、学生ローン「カレッジ」は15.0%~17.0%など、大手消費者金融より低い金利で利用できます。

学生ローンは学生にとって「手軽に借りられるシステム」ですが「あくまでもお金を借りている」ことに変わりはありません。学生ローンであってもカードローンであっても、お金を借りる時は、を考え、返却の見越しがつくかどうかが重要になります。

学生ローンはやめた方がいい場合

マネー案内人
マネー案内人
このように学生にとって多くのメリットがある学生ローンですが、場合によっては学生ローンはやめたほうがいいという場合があります。

ギャンブル好きな学生

学生の中には、ギャンブルから抜け出せない学生もいますが、このような学生は、学生ローンに向いていません。

資金に余裕があり、その範囲内で楽しむ場合は問題ありませんが「お金を借りて一発充てよう」という考えは大きなリスクが付いて回ります。

「ギャンブルで負けたお金はギャンブルで返す」という事を言う人もいますが、ほとんどの場合借金が増えてしまい、ますます返済が出来なくなってしまいます。

お金の管理が出来ない学生

自己管理が出来ない学生は、学生ローンの利用は避けた方がよいかもしれません。学生ローンを利用する時、お金の管理が出来なければ、延滞を起こしたり、返済が出来なくなって新たな借り入れをしなければならなくなったりしてしまう人もいます。

自分できちんとお金の管理が出来ない学生はかえってリスクが増えるだけになります。

申込書に嘘の記載をする学生

学生ローンも貸金業法の適用を受けるので「融資は年収の3分の1以内」という制限あります。学生ローンは学生証だけあれば申し込みが可能なので、年収がいくらなのかをチェッされるとはまずありません。

ですから、申込書に収入を多く書いて少しでも多く借りようとする学生もいます。しかし、問題は多くのお金を借りられたからと言って、「返済が続けられるのか」といい事が重要になってきます。

申込書に嘘の記載をしてまで、多くのお金を借りたいという学生は、学生ローンの利用はやめた方がいいです。

まとめ

学生ローンは借りやすく「学生のために」という印象がありますが、きちんと調べていくと、大手消費者金融などのカードローンと変わりはありません。

結局学生だから」という言い訳は一切通用しない制度です。借りた後には当然ですが返済する必要がありますし、金利も負担しなくてはいけません。

学生生活は将来の自分のために過ごす大切な時期です。それをお金の返済に追われてしまい、本業が疎かになってしまうことになれば本末転倒です。

ですから、お金を借りるにしても、学業に支障が出るような借り方はおすすめできません。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較