サービス付き高齢者向け住宅とは?

サ高住の知っておきたい基礎知識

サ高住に対する疑問、不安や気になる事を思い浮かべている家族のイラスト サ高住とは、サービス付き高齢者向け住宅の略称であり、「高齢者住まい法」が改正された後、2011年の10月に登場した施設です。入居待ちが問題視されている特別養護老人ホームや、高額になりがちな有料老人ホームの代わりとなるものとして誕生しました。
かつての高齢者専用賃貸住宅、高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅は、制度が複雑で基準も曖昧であるなどの問題が少なくありませんでした。そこで、それらを全て一本化し、医療・介護が連携し、高齢者が安心して暮らせる賃貸住宅として生まれたのがサ高住なのです。ここでは、このサ高住の概要について紹介していきます。

設備について

サ高住の設備に関しては、キッチンやトイレ、洗面設備や収納設備、浴室が設置され、床面積は原則として25平方メートル以上と定められています(十分な面積の協同生活室がある場合は、18平方メートル以上)。さらに床に段差がないなど、バリアフリー構造が義務化された建物となっています。

介護サービスの自由選択について

サ高住の特徴の一つが、介護サービスの自由選択です。基本的にサ高住で提供されるのは、特定施設の認定を受けていない限り、安否確認と生活相談です。必要な介護サービスにおいては、自分で選択し自由に契約をします。そのため、必要のない介護サービス費用を払わずに済むというメリットがありながら、今までのケアプランを継続することも可能です。このように、医療施設と介護事業所が連携し、高齢者の生活をサポートするのがサ高住です。

賃貸契約について

サ高住に入居する際には、賃貸契約を結ぶことになりますが、この契約内容をよく見ないまま契約してしまうと、後々トラブルの原因ともなるため注意が必要です。
内容としては、居室についての詳細、契約期間、保証人、または入居後の入・退院、荷物に関してなど、細かい部分までしっかりと確認する必要があります。また、附帯するサービス内容に関しても重要な項目なので、見落としのないようにしてください。
さらに、費用に関しては当然細心の注意を払わなくてはなりません。前払い制について、個室部分と共用部分の利用代金、敷金、水道代や光熱費、食費などの月々の支払いについて、また医療費や介護用品など、日常的にかかる費用の支払いタイミング、前払い金の返還時の算定基準なども確認しておきましょう。

まとめ

まとめ イメージ 国の補助金や所得税・法人税にかかる割増償却、固定資産税の減額などの措置によって、さまざまな民間企業が参入しやすくなったことによって、サ高住は大きく普及していきました。超高齢化による高齢者住宅の必要性に基づき期待を込めて作られているサ高住は、今後もさらに増加することが予想されます。
数が多いということは、それだけ内容も施設ごとに様々です。本サイトをご覧になり、その中で介護サービスの内容や環境、設備などを含め、自分にあった施設をみつけ複数の施設へ資料請求される事をおすすめします。
また足を運んで実際に目で見て、肌で雰囲気を感じ取り、自分に最も適しているサ高住を選びましょう。
サ高住について、さらに詳しい内容を知りたいという方は、以下をご参考ください。
  • サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居までの流れ

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop