サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームとの違い
家族と入居者が有料老人ホームなどとサ高住の建物のイラストからどれを選ぶか迷っているイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と有料老人ホームを、同じような施設として捉えている方も多いかもしれません。有料老人ホームは高額であり、それより低額で入居できるのがサ高住、と認識している方も少なくないようですが、実際にはこれは誤りともいえます。各々に適した施設を選択するためにも、両者の特徴を正しく知っておきましょう。

契約形態からみるサ高住と有料老人ホームの違い

サ高住と有料老人ホームの大きな違いは契約形態です。サ高住に入居するときは、住宅部分は建物賃貸借契約を、生活支援などのサービスは別途契約を、それぞれ結びます。一方、有料老人ホームは施設によって異なりますが、介護付・住宅型・健康型のいずれの方式であっても、利用権契約を採用することが少なくありません。まずは、それぞれの契約形態を見てみましょう。

建物賃貸借契約

賃貸借契約は、多くのサ高住が導入している契約です。マンションなどに入居する際と同様の契約を結びます。月額利用料を支払うことで部屋が確保され、長期入院などを理由に、事業者から一方的に解約することができません。また、契約者に請求するのは、敷金、家賃、さらにサービス料であり、権利金などの請求も発生しないことが特徴です。

終身建物賃貸借方式

建物賃貸借契約に近いですが、本人の死亡によって契約が満了するという特例がある契約です。「高齢者の住居の安定確保に関する法律」に基づき、終身建物賃貸借業の認可を受けた施設で適用されます。契約更新に関する不安がなくなるため、高齢者が過ごしやすいというメリットがあるのです。

利用権契約

利用権契約は、介護付・健康型有料老人ホームに多くみられる方式です。多くの場合、入居時に一時金を支払い、居室や共有スペースを利用できる権利を得るもので、居室と介護・生活支援サービスの契約が一体となっています。利用権契約の場合は、事業者側の都合で部屋を移動させられたり、長期入院すると一度退去させられたりすることもあります。

  有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
介護付 住宅型
概 要 高齢者向け居住施設 高齢者向け賃貸住宅
契約形態 主に利用権契約 主に賃貸借契約
居室面積
  • 個室で1人あたり13㎡以上
  • 自治体の指導基準などにより異なる場合があります。
  • 25㎡以上
  • 共同スペースがある場合18㎡以上

※都道府県により異なる場合があります。

職員配置 要介護者3名に付き
ケアスタッフ1名
施設により異なる
  • 日中は有資格者が必ず常駐
  • 夜間は施設により異なる
生活支援サービス
  • 食事、入浴、排泄の介助
  • 洗濯、掃除などの家事
  • 健康管理

上記のどれかを提供

  • 安否確認、生活相談は必須
  • その他都道府県により必須とされる項目があります。
介護サービス 特定施設入居者
生活介護
  • 安否確認、生活相談は必須
  • その他都道府県により必須とされる項目あります。
介護保険契約 施設事業者と契約 介護サービス提供事業者と個別に契約
入居一時金 あり なし

サービスや基準からみるサ高住と有料老人ホームの違い

サ高住と有料老人ホームの違いは契約形態だけではありません。施設が誕生した経緯や法律上の規制が違うからです。サービス内容や職員の配置基準、費用の違いを見てみましょう。

サービス

サ高住と有料老人ホームにより、サービス内容は大きく違います。施設の種類に応じて受けられるサービス内容を見てみましょう。

サービス付き高齢者向け住宅

住居に対する賃貸借契約を結ぶ契約方式なので、介護や生活支援などのサービスを受ける場合は別途選択する必要があります。ただし、安否確認や生活相談は必ず受けることが可能です。

介護付有料老人ホーム

定額制で24時間いつでも介護ケアを受けられます。受け入れ可能な要介護度の幅が広いことから、あらかじめ施設側に確認しなければなりません。

住宅型有料老人ホーム

必要な介護サービスを選択して利用できます。比較的軽度の要介護者や自立・要支援状態の方を対象としており、状態に応じて退去を求められることもあります。

健康型有料老人ホーム

家事を施設スタッフに依頼できたり、レクリエーションや設備が充実していたりとサービスが充実しています。ただし、重度の介護状態では退去しなければならないケースも多いです。

職員の配置

職員の配置に関する義務の有無も、サ高住と有料老人ホームによって違います。職員の配置に関するルールを見てみましょう。

サービス付き高齢者向け住宅

サ高住には24時間スタッフが常駐していなければならない、という決まりはありません。従って、各施設によって人員配置などの体制も異なります。ただし、日中(概ね9時から17時)は有資格者が常駐しなければならないと定められています。夜間については「緊急時にすぐ駆けつけることができる」体制であることが求められています。

介護付有料老人ホーム

要介護、要支援2の入居者3名に対して、職員1名を配置するよう義務付けられています。要支援1の方10名の場合、介護職員と看護職員は合計1名以上が必要です。

健康型・住宅型有料老人ホーム

人員配置の基準はありません。

プライバシー

入居者の安全や防犯などを考慮し、サ高住と有料老人ホームでは生活の自由度が違います。それぞれのプライバシーについて見てみましょう。

サービス付き高齢者向け住宅

住戸がそれぞれ独立しているため、プライバシーへの配慮は一般住宅で暮らすのと変わりません。必ず個室が用意されており、自分らしい生活がしやすいです。

介護付有料老人ホーム

介護職員による見守りが前提なので、門限や外出届などの管理体制下にあるケースが多いです。ただし、全室個室になっており、生活上のプライバシーは配慮されている場合もあります。

住宅型・健康型有料老人ホーム

要介護または要支援の状態によりますが、健康な方は外出が認められています。ただし、こちらも防犯や安全の兼ね合いから外出に関する制限があります。

入居一時金

一般的に、有料老人ホームは入居一時金を先払いします。家賃や介護その他日常生活で必要な費用を、前払いで支払うからです。
しかし、サ高住の場合は事前に費用を徴収することはありません。通常の賃貸住宅に近いシステムだからです。敷金は支払いますが、家賃の2か月から6か月分が目安とされており、それ以外の費用は発生しないことになっています。

まとめ

自分にあった施設に入居できて満足している家族と入居者のイラスト
サ高住、有料老人ホームにはそれぞれ特徴があり、利用者にとってメリット・デメリットがあるでしょう。
介護付有料老人ホームの場合は、24時間体制で介護を受けることができ、介護費用も一定額です。しかし、介護スタッフの人数が決まっているので、施設側のペースで介護を受けることになります。外部のサービスや訪問介護などを利用することもできませんし、介護がそれほど必要ない場合でも、介護費用が一定額かかります。
どちらがいいとは一概には言えませんが、入居者の介護度や心身の状態、性格、どのような老後の生活を望むか、などによってそれぞれ適した施設があるはずです。
老後にどのような生活を望んでいるかは、人それぞれです。家族と同居をするというのも一つの方法ですが、介護度によっては家族だけではケアが不十分になったり、精神的にも身体的にも無理が生じたりすることがあります。そうなった時に、高齢者施設への入居を考えることも多いはずです。
高齢者施設には、社会福祉法人、民間事業者などが運営する軽費老人ホーム、医療法人や社会福祉法人が運営する介護保険施設など、民間事業者が運営するサ高住や有料老人ホームのほかにも様々な施設があります。他の施設との違いについては、各記事をご覧ください。
施設によって、入居条件や費用、受けられる介護サービスなど違いがありますので、本当に必要な介護はなにか、どのような生活をするのか、といった点をよく確認してから選択することが望ましいといえるでしょう。
  • サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居までの流れ

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop