サービス付き高齢者向け住宅の生活支援サービスの内容は?

サ高住の必須サービスは「安否確認」と「生活相談」です

家族と高齢者が安否確認を受け、生活相談を受けているイラスト
「サ高住」とは、「サービス付き高齢者向け住宅」のこと。バリアフリーなど高齢者に優しい構造を持ち、介護・医療と連携しながら高齢者の安全な生活を支援していくための住まいです。サ高住は、国土交通省と厚生労働省の共管制度であり、一定の基準を満たした住宅のみが登録されます。
「サービス付き」の「サービス」には、複数の種類があります。その内容は施設によって異なりますが、制度として定められている必須のサービスは「安否確認」と「生活相談」です。施設側は少なくともこの二つのサービスを提供しなくてはなりません。その他に、施設によって介護サービスや生活支援サービスが併設されている場合があります。

安否確認サービス

ケアの専門家によって、入居者の安否確認が行われます。定期的な訪問や集団の食事による確認など、その方法や時間は施設によって異なります。

生活相談サービス

生活上の困り事を解決するお手伝いをします。介護や生活支援サービスの手配などがこれにあたります。
サ高住は、基本的には「高齢者向けの賃貸住宅」です。そのため一般的な介護施設や老人ホームと違う点は、その契約形態にあると言えるでしょう。介護施設や老人ホームには、初めから介護や生活支援がサービスとして含まれていることに対し、サ高住は賃貸契約を結び、その上で必要があれば別途介護や生活支援サービスを利用することになります。

「生活支援サービス」は、施設や地域によって異なります

生活支援サービスとは、その名のとおり高齢者や障害者が通常の生活を送れるように、様々なケースに応じて支援するサービスのことです。対して介護サービスとは、市町村によって「要介護」と認定された高齢者で介護保険に加入している方が受けられるケアサービスです。生活支援サービスとひとくちに言っても、その内容は様々であり、施設の規定や地域の条例によって大きく異なります。ここでは、そのポイントについて見ていきましょう。

1.どの施設でも基本的に行っているサービス

必須サービスである「安否確認」「生活相談」の他に、基本的にはどの施設でも「見守り」を行う場合がほとんどです。コール対応や館内巡回など方法は多岐にわたります。また、健康管理を基本サービスに含め、定期的な健康診断や医療機関の紹介を行っている施設も多くあります。

2.都道府県別の必須サービスもある

都道府県によっては、条例によって必須とされるサービスもあります。たとえば東京都では、安否確認と生活相談の他に「緊急時対応」が必須サービスとして定められています。施設側は事故や急病時などの緊急時に迅速かつ適切に処置できるよう体制を整えておいたり、かかりつけ医や家族とあらかじめ対応方針を定めなくてはなりません。

3.施設によって支援内容も千差万別

施設によっては、介護保険で補えない部分(入浴や排泄・食事などの介護)を生活支援サービスで補うケースもあります。また、より「住宅」に近い施設や、より「老人ホーム」に近い施設もあるため、入居者の希望や状態によって選ぶ必要があると言えるでしょう。たとえば、サ高住での1日は以下のような過ごし方が挙げられます。
例1)起床→食堂で朝食→送迎バスで病院へ→食堂で昼食→施設内のレクリエーションに参加→食堂で夕食→自室でリラックスタイム→就寝
例2)起床→自室で朝食(自炊)→掃除・散歩など→自室で昼食→サービス利用による入浴→食堂で夕食→ラウンジで友人と談笑→就寝
  • 【例1】
      6:30 起床
      8:00 食堂で朝食
    10:00 送迎バスで病院へ
    12:00 食堂で昼食
    14:00 施設内のレクリエーションに参加
    18:00 食堂で夕食
    19:30 自室でリラックスタイム
    22:00 就寝
  • 【例2】
      6:30 起床
      7:30 自宅で朝食(自炊)
      9:00 掃除・散歩など
    12:00 自室で昼食
    15:00 サービス利用による入浴
    19:30 食堂で夕食
    20:00 ラウンジで友人と談笑
    22:00 就寝

サ高住を選ぶ時の、生活支援サービスの注目ポイント

サ高住は、生活支援サービスの内容によって住みやすさが変わると言っても過言ではありません。では、具体的に生活支援サービスのどのような点に注意してサ高住を選べば良いのでしょうか。そのポイントをご紹介します。

1.必要なサービスを選べるか?

介護サービスでは、介護保険が適用されるのに対し、生活支援サービス自体は保険適用外です。そのため、高齢者の状態に応じて必要なサービスのみを選んで依頼していく形になります。具体的には、外出時のつきそいや、掃除や洗濯、炊事、ゴミ捨てなどの家事の補助など。見守りだけの場合もあります。

2.食事の提供はあるか?

入居者が食事や家事、外出時の付き添いなど、自分に合ったサービスを受けて笑顔のイラスト 施設によっては、食事の提供を行っている場合もあります。これは、栄養士が考えたメニューを専門スタッフが調理して提供するというもの。1日3食を提供してもらえる場合や、朝食のみ、夕食のみの場合などいくつかのパターンがあります。また、部屋に食事を届けてもらうケースや、食堂や講堂で大勢で食事をとるケースもあります。

3.日中・夜間の管理体制はどうなっているか?

サ高住は、日中は介護福祉士や社会福祉士などの有資格者や、医療法人や社会福祉法人などの職員といった、ケアの専門スタッフが常駐していなくてはならないと制度によって定められています。ただ、夜間の体制は施設によって異なります。24時間有資格者が管理室に常駐している場合もあれば、ナースコールや緊急通話ボタンが設置され、その受信先が施設外の場合もあります。

緊急通報の方法と通報先の割合

  • (複数回答)

      件数 割合
    1.緊急通報装置 61 65%
    2.ナースコール 32 34%
    3.センサー他 2 2%
    事業所数 94 100%
  • (複数回答)

      件数 割合
    1.事務室 80 85%
    2.職員・ケアスタッフ携帯 39 41%
    3.警備会社 8 9%
    4.医療機関・介護事業者 17 18%
    事業者数 94 100%

出典:ニッセイ基礎研究所ジェントロジージャーナル「サービス付き高齢者向け住宅~高齢期の豊かな暮らしを支えていくために~」

近年、サ高住は高齢化社会における新たな住まいの選択肢として注目を集めています。老人ホームや介護施設とは違う点をよく把握し、入居者にとって住みやすい場所となるように生活支援サービスの内容をよく確かめてください。入居者に合ったサ高住を選び、快適に暮らせるように考えることが大切です。
  • サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居までの流れ

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop