気になる介護ニュース

注目の介護ニュース

睡眠方法には様々な方法が??分割睡眠と単相睡眠の話

睡眠のとり方に様々な方法があるそうです。
その中で分割睡眠単相睡眠というものがあります。 …続きを読む

平成28年10月から社会保険制度が変更される!

社会保険制度10月に変わります。現行の社会保険制度では週30時間以上働く場合に厚生年金保険や健康保険に加入することができます。そして10月からはその週30時間という基準時間が20時間になるとのことです。 …続きを読む

新型栄養失調って?どんな症状?チェックしましょう

新型栄養失調が高齢者の問題となっています。これは食が細くなる、健康を気にするなど食事をしているのにも関わらずタンパク質などの栄養素が不足してしまう状態のことです。 …続きを読む

災害緊急時の避難対策として「福祉避難所」があります。

災害時の避難場所としては体育館や学校がありますが、健康体の人はともかくとしても高齢者にとっては困難です。 そこで「災害時における福祉避難所等の設置運営に関する協定」が熊本市と熊本市老人福祉施設協議会と熊本市社会福祉協議会によって締結されています。 …続きを読む

気になる介護ニュース新着記事

  • 肥満が原因で脳梗塞。発症リスクを特定し予防しよう。

    肥満脳梗塞の発症のリスクを高めます。
    40歳以上で働き盛りの場合での脳梗塞は肥満などのメタボリックシンドロームが原因としています。
    メタボリックシンドロームの場合、高血圧や糖尿病などの病気が脳梗塞のリスクとなっています。 …続きを読む

    2018年07月13日17:00

    肥満が原因で脳梗塞。発症リスクを特定し予防しよう。

  • 様々な症状を予防する「納豆」驚くべき効果

    納豆には様々な効果があります。
    そしてその効果の中には認知症や脳梗塞の原因となる血栓を溶かすものもあるそうです。
    過去の研究によると納豆を食べている人はそうでない人と比較して脳卒中での死亡率が約3割低くなるという結果も出ています。
    また動脈硬化によるドロドロの血液もサラサラにしてくれるという効果もあるとのことで、毎日の食事に納豆を取り入れるようにしてはどうでしょうか?

    納豆の効果とは

    様々な症状を予防する「納豆」驚くべき効果 納豆をよく食べるという人は多いのではないでしょうか?
    手頃な値段で買いやすく、年齢関係なしで食べられるため毎日の食事に取り入れているご家庭も多いでしょう。

    この納豆ですが、納豆にしかない効果があります。
    もちろんその他にも様々な効果がありますが…。
    納豆に含まれているナットウキナーゼという成分は血液の中にできてしまった血栓(血の塊)を溶かす効果を持っています。

    そのため血栓が原因で発症する脳梗塞を予防することができます。
    過去に行われた研究でも納豆をよく食べる人は食べない人に比べて脳梗塞を含む脳卒中の死亡率が約3割低下するとの結果が出ています。

    動脈硬化も予防する

    その他に納豆に含まれているレシチンという成分はLDLコレステロールや中性脂肪を除く効果もあります。
    LDLコレステロールや中性脂肪は血液をドロドロにして動脈硬化を引き起こしてしまうのですが、納豆を食べることによりレシチンが血液をサラサラにすると考えられます。
    このことから納豆には動脈硬化を予防する効果があると言えます。

    他にも血糖値を下げる効果もあるとのこと。
    過去の研究では1日1パックの納豆を食べている人でコレステロールや中性脂肪が高い場合、それぞれ約10%値が低下したとされています。
    そして納豆には肥満を予防する効果もあるとされています。
    肥満は動脈硬化などの病気を引き起こすリスクになるものです。
    納豆を食べることで肥満を予防し、血液もサラサラになるため動脈硬化も予防できるとなると毎日納豆を取り入れたいですよね。

    まとめ

    納豆には上記以外にも様々な効果があります。
    糖尿病の予防や認知症の予防、腸内環境の改善などです。
    昔から日本人に慣れ親しんだ食材でもある納豆ですが、ぜひ毎日の食事に取り入れ、健康に過ごすことができるようにしていきたいものです。

    ちなみにナットウキナーゼは熱に弱い(70℃)ため、アレンジする時には熱をあまり通さないものにすると良いです。
    例えばキムチを入れると同じ発酵食品であるためさらなる効果が期待できます。


    2018年7月6日 17:00

    2018年07月06日17:00

    様々な症状を予防する「納豆」驚くべき効果

  • 肺炎予防。日本人の死因で多い病気です。

    日本人の死因の第3位に入るのが肺炎です。
    特に高齢者の場合肺炎にかかると重症化しやすく、命を落とす危険も高まります。
    また肺炎には様々な種類があります。 …続きを読む

    2018年06月29日17:00

    肺炎予防。日本人の死因で多い病気です。

  • 嗅覚を刺激!介護にアロマテラピーを導入しませんか?

    介護アロマテラピーを用いて、嗅覚を刺激してみませんか?
    認知症の中でも最も多いアルツハイマー型認知症の方は認知症が進行するに従い、嗅覚が低下すると考えられています。
    またアロマテラピーは香りを楽しむものです。 …続きを読む

    2018年06月22日17:00

    嗅覚を刺激!介護にアロマテラピーを導入しませんか?

  • 在宅介護でのお金の問題。見直す2つの項目。

    在宅介護をされている方でお金がかかってしまって…と悩んでいる方はいらっしゃいますか?
    介護保険制度では要介護度によって支給限度額が決められています。 …続きを読む

    2018年06月15日17:00

    在宅介護でのお金の問題。見直す2つの項目。

  • 高齢者の筋トレ。適切な筋トレ方法と注意点とは

    高齢者筋トレをする時に注意することは何でしょうか?
    今までは高齢者にとって筋トレは敬遠されていたのですが、実は60歳以上こそ筋トレをするといいと言われています。 …続きを読む

    2018年06月08日17:00

    高齢者の筋トレ。適切な筋トレ方法と注意点とは

  • 運転免許の自主返納。特典制度などご存知ですか?

    高齢者の運転による事故が増加しています。
    現在、運転免許自主返納を促すために様々な特典制度が各自治体で行われています。 …続きを読む

    2018年06月01日17:00

    運転免許の自主返納。また特典制度などご存知ですか?

  • 退職金の受け取り方に2つの方法が。また最善な受け取り方とは?

    60歳で定年を迎え、退職金を受け取る時に、一括で受け取るか年金として受け取るかによって実は差が出てきます。
    一括で受け取ることが主流ですが、年金として月々に分割して支払いを受けることができます。 …続きを読む

    2018年05月25日17:00

    退職金の受け取り方に2つの方法が。また最善な受け取り方とは?

  • 高齢者のネットの利用。年代別で利用方法に違いがある?

    インターネットを利用するのが当たり前の時代、高齢者の年代ではどのように利用しているのか気になりませんか?
    ある調査で60代から90代までの幅広い年齢層を対象にインターネットの利用状況について調べました。 …続きを読む

    2018年05月18日17:00

    高齢者のネットの利用。年代別で利用方法に違いがある?

  • 低体温症は凍死の危険?また屋外より屋内に多い!?

    また屋外だけではなく、屋内でも低体温症になることもありますので注意が必要です。
    通常平熱は36~37℃を維持しているのですが、低体温症の状態になると35℃以下になります。 …続きを読む

    2018年05月11日17:00

    低体温症は凍死の危険?また屋外より屋内に多い!?

12...102030... »

入居までの流れ

サ高住とは?

入居にかかる費用
入居条件について
有料老人ホームとの違い
生活支援サービスについて
介護サービスについて
メリットとデメリット

入居祝い金

Sakouju noteの知恵袋

スマホの方はこちら

施設掲載ご希望の方はこちら


pagetop