100歳以上の高齢者は人生が楽しく過ごすことができる!?
100歳以上高齢者が増えています。
過去にはきんさんぎんさんの愛称で知られていた成田きんさん・蟹江ぎんさんがご長寿アイドルとして全国的に有名になりました。

こうした100歳以上の高齢者にとって人生は楽しさを感じ、今でも仕事に精を出している方もいるようです。
ある研究では80歳を超えたあたりからネガティブな感情が少なくなるという結果が出ているものもあるようです。

100歳以上の高齢者の体の変化とは

100歳以上の高齢者は人生が楽しく過ごすことができる!?についてのイラスト 100歳を超えるというのはすごいことです。
その方たちの体の中ではどのような変化が起こっているのか知りたいと思いませんか?

そのような研究をしている大学教授によると、体の中の炎症を測るCRPという値が一般の人の平均よりも低いことが分かりました。

CRPは体の中の炎症反応を示す検査データですが、数値が起きいほど長生きできないとされています。
実際に101歳の女性の血液検査をしたところCRPが0.03だったそうです。

平均が0.30~0.90とされているためその1/10となっています。

このCRPが高ければ高いほど、老化も早いとされています。そのため100歳以上の長寿の方たちはCRPが低い傾向になるようです。

食事や運動も長寿に関係している

日本は他の国と比較してもトップに入る長寿国です。
そのことには日本ならではの食事内容が関係しているようです。

日本人は昔から和食と呼ばれる食事を摂っています。
その和食では魚類を多く摂っています。魚類にはDHAやEPAと呼ばれる栄養素が豊富に含まれています。

DHAやEPAは魚に含まれている脂肪なのですが、他の脂分と異なり炎症を抑える働きをするそうです。
また血液をサラサラにする効果もあるため、抗炎症作用はもちろん動脈硬化などの予防にもつながってくると言えます。

また運動習慣を持っている100歳以上の人も多いようです。
運動をしない人と比較した時に運動をしている場合では毛細血管まで血流が良くなり酸素化が進みます。

そのため血液内や体の中の細胞に溜ってしまった老廃物を体の外に流す効果もあるようです。

こうした食事や運動も100歳以上の元気な高齢者の背景にあるとされています。

まとめ

80歳を超えたあたりからネガティブなことを感じにくくなり、逆にポジティブなことを強く感じるようになるそうです。
またネガティブなことを無意識のうちに忘れさせ、ポジティブなことを強く意識付けるともされています。

こうしたことも長生きの秘訣になるのかもしれませんね。そして元気で100歳以上の長寿を目指すには食事はもちろん運動をすることも大切なようです。


2016年11月11日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop