106万円の壁問題、メリットは?今後どのように制度は進んでいくの?
今年10月から106万円の壁と呼ばれる制度が始まりました。

106万円の壁とは106万円以上の収入がある場合にはパートでも社会保険料を支払う制度のことです。

対象は一部の企業に勤めている人になるのですが、この106万円の壁、どのようなメリットがあるのでしょうか。
またデメリットとなる人はどのような人なのでしょうか。

106万円の壁とは何か

106万円の壁問題、メリットは?今後どのように制度は進んでいくの?についてのイラスト 今年10月から開始された制度である、年収106万以上の場合、社会保険料を支払う必要があるという制度。
現状では対象となる企業に勤務している人のみが当てはまります。

対象となる企業は従業員が501名以上です。
また対象となる人は週20時間以上勤務している、月の賃金が88000円以上であり年収が106万円以上になる場合、同一企業で1年以上勤務している場合になります。


そして対象になった場合、今まではもらっていた賃金はほぼ収入になっていましたが、その賃金の中から社会保険料を支払うことになります。

そうすると今まで賃金のほとんどが収入だったのが社会保険料を差し引いた額が収入となるので手取りの額が少なくなってしまいます。

106万円の壁がメリットになる場合はどんなケース!?

106万円の壁がデメリットになるケースは先述しました。
しかしメリットになる人もいます。メリットになるケースは自営業や独身の場合です。

自営業や独身の人たちは今まで国民健康保険や国民年金を約19000円支払いしていました。
しかしこの制度が行われたことにより、月に支払う額が約19000円から約14000円に減少します。


そのため月々5000円程度負担が軽減することになります。

こうしたケースのようにメリットがある人もいればデメリットとなる人が出てくる制度なのですが、今後はどのように変わっていくのでしょうか。
現状で予想されているのは厚生労働省が今回、106万の壁の対象とした企業側の条件や雇用されている側の条件のハードルを下げてくることです。

そうすると今は対象でなくても新たに対象となるケースが多くなりますので、「自分は対象ではない」とホッとしている人でも、もしかしたら今後対象になることもあります。

まとめ

家計を助けるためにパートをして収入を得ているという人も少なくありません。
子育てをしている世代であれば子供のことを考えてパートのように時間を短くして働いているケースもあるでしょう。

しかし今までよりも収入が減少してしまうことで家計に問題が出てくるかもしれません。
その部分はしっかりと家庭で話し合いをし、どの働き方が最も適切なのかということを検討してみて下さい。


2016年12月6日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop