働き方が多様化している現在、60代でもお得な働き方が存在する!?
高齢化社会の日本では以前まで60歳定年制でしたが、現在は希望すれば65歳まで働くことが可能になりました。

定年後は年金収入だけと思っていませんか?実は年金以外でも社会保険のサポート制度があり、これを活用することによって定年後の働き方多様化してきています。

60歳以降の収入源

働き方が多様化している現在、60代でもお得な働き方が存在する!?についてのイラスト 60歳以降に働く場合、3種類の収入源があります。
「給料」「年金」「雇用保険の給付」です。

残念ながら3つ全てをもらうことはできません。
もらえないものが出たり、収入によって年金が減額されることもあります。

お得に楽しく生活するにはどんな働き方をしたらいいのでしょうか。

60歳以降の働き方と受けれる給付の条件

定年退職後働き方は自分で自由に選ぶことができます。
もちろん働かず趣味や自分の時間を重視して年金生活することも一つの選択ですが、多くの方は再雇用を希望するようです。

ここで注意しなければいけないことはどう働くかです。
沢山働くことで年金が減額されたり、もらえる給付を受けれないこともあります。

仕事の種類が多様化していく中で何を優先するかがとても重要になってきます。

高年齢雇用継続給付

60歳以上65歳の誕生日前までに継続雇用された際に60歳の誕生日時より給料が75%未満に減額された方へ支払われる制度です。
雇用保険の一般被保険者に5年以上加入していることが条件です。

この高年齢雇用継続給付には2種類あり、高年齢雇用継続基本給付金(基本手当を受給しないで継続して働く人)と高年齢再就職給付金(基本手当を一部受給した後、再就職する人)それぞれの働き方によって内容が変わります。

受け取れるのも65歳の誕生日前までですので注意して下さい。

在職老齢年金

60歳以降働きながら給料をもらいつつ年金を受け取る方が該当します。
給料と年金の月額合計が28万円を超えると減額されてしまう制度です。

ただし60歳後半になると28万円から47万円に限度額が上がるので長く働き続けたい方には最初のうちは年金を諦めて、元気なうちはできるだけ働いて給料を受け取る方法がいいのではないでしょうか。

だいたいの方は28万円を超えないようにのんびりと働いて年金を満額受給する方法を選ぶようです。

まとめ

定年退職後の働き方は多様化していて自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

頑張って働くと年金が減額されるのはおかしいと思ってしまうかもしれませんが、年金は定年退職後の生活を支えるもので働いて収入がある人には支える必要がないと国は判断しているようです。

それぞれの人生の過ごし方を考えて一番ベストな選択を行って下さい。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop