6月は特に注意!高齢者の熱中症に注意しよう!
6月になると、気温も急上昇する日も多く、体力のない高齢者注意が必要です。

本格的な暑さではないので、油断しがちですが、この時期は真夏よりも高齢者の熱中症に注意していく必要があるのです。

気付いたときには脱水症状に・・・

6月は特に注意!高齢者の熱中症に注意しよう!についてのイラスト この季節、施設などではさっきまで元気にしていたはずなのに、急にぐったりしている高齢者を見かけることがあります。

高齢者の場合、気が付いたときには、すでに脱水症状を起こしてしまうことがあるのです。

高齢者は、もともと体液が減少しているうえ、 塩分や水分の摂取に重要な食事量も低下しがちです。

暑い季節になると、発汗による体温調節機能が十分に機能しなくなるため、脱水症状を起こしやすくなります。

喉の渇きも感じることが少なくなり、積極的に水分や塩分を補給することもしなくなるので、気が付いたら脱水症状を起こしていることが少なくないのです。

6月に熱中症が増えるのは何故?

梅雨の季節は、気温だけではなく、湿度も上昇します。
体も暑さに慣れていないため、体温調節がうまくできなくなります。

特に高齢者の場合、汗もじわじわと出ているので、汗をかいたと感じることも少ないので、塩分、水分補給を意識してすることも少ないのです。

そのため、暑さを実感しづらく、気づくと脱水症状になってしまっているのです。

気温が30℃を下回っていても、 湿度が50%以上になると熱中症になりやすくなるので、十分な注意が必要です。

まとめ

熱中症は、真夏の時期に注意が必要と思いがちですが、本当はこの6月がポイントなのです。

体温調整を工夫する、食事などに気をつけ、防衛体力をつけることが大切です。
暑さを感じなくても、湿度の高い日は部屋の空気の入れ替える、締め付けない衣服にするなどの工夫が大切です。

節電のため、エアコンの使用を我慢される方も少なくありませんが、うまく利用することも重要です。

夏の脱水症状のサインは、「べた」「だる」「ふら」「いた」の4点です。

①皮膚が汗でべたべたする
②だるそうで、元気はないように見える
③めまいやたちくらみで少しふらふらしているように見える
④足がつる、頭痛がある

こんな症状は熱中症のサインです。
経口補水液などで水分と塩分の補給の必要があります。

高齢者の熱中症予防は、とにかく早めに対策をおこなうことが大切です。


2016年6月18 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop