エアコンの気になる電気代!なんとつけっぱなしが案外お得?
暑い日が続いていますが、電気代を心配しながらエアコンを使っているご家庭も多いのではないでしょうか?

またクールビズというものが浸透していますが、省エネのためオフィスでもエアコンの設定温度を高めにしているところもありますよね。

実はエアコン、こまめに消すよりもつけっぱなしにしておくことが電気代の削減につながると言われています。

しかし節電も大切なことです。
効率よくエアコンを使い、省エネをしながらも快適に過ごせるようにしていきましょう。

気になるエアコンの電気代とは

エアコンの気になる電気代!なんとつけっぱなしが案外お得?についてのイラスト 「買い物に行くから30分ぐらい家を留守にする」という時、皆さんはエアコンを消してから出かけていますか?

実は30分くらいの外出ならつけっぱなしで出かけると省エネになるのです。

特にエアコンは室温を自動調整しているモードで使うことが多いですよね。
その場合、室温を下げる時に多くの電力を使用し、その後設定温度を維持するために運転しています。

そのため30分程度の外出の場合消してしまうと、また帰宅後に室温を下げることになりますので、電気代がかかってしまうのです。

エアコンを効率よく使用する

30分程度の外出なら消さなくても省エネということが分かりました。
その他にもエアコンを効率よく使うための行動を意識していきましょう。

まずは部屋の照明をLEDに交換すること。
白熱灯は熱を出しやすいため、LEDのように熱を出さないものに交換すると部屋の温度が上がりにくくなります。

またこの時期エアコンの室外機も日光によって熱くなりがちです。
あまり日が当たらないところに設置する、室外機カバーをかけるなどの工夫をしましょう。


室外機カバーに打ち水をするのも温度が過度に上昇しないようにすることができ、省エネになります。

そして扇風機との併用や窓にグリーンカーテンをするということも室温を上昇させない・快適に過ごすために効果的な工夫になります。

まとめ

電気代を気にしてエアコンを付けないというのだけは避けたいものです。

この時期、熱中症のリスクが高くなっています。
特に高齢者の場合、熱さを感じる感覚が衰えていること、エアコンの風が苦手だからと言ってエアコンを付けずに過ごすこともあります。

これは熱中症を引きおこすリスクを高めますので要注意です。
もしご家族に高齢者がいる場合にはエアコンをつけるようにしっかりと話をしましょう。

そしてこまめに室温や湿度をチェックするということも心がけて下さいね。


2017年8月13日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop