秋バテに注意!症状はでていませんか?チェックしましょう!
暑さが落ち着き、過ごしやすい日になってきました。
しかしこの過ごしやすい時期に起こる秋バテというのがあるそうです。
この秋バテ症状は「疲れが取れない」「体がだるい」というようなものです。

自分自身が秋バテかどうかチェックして、もし当てはまるようであれば適切な対応をしていきましょう。

秋バテって?

秋バテに注意!症状はでていませんか?チェックしましょう!についてのイラスト 「夏バテなら聞いたことがあるけど秋バテって何?」と思った方、いますよね。

夏が終わり過ごしやすい気候になった今起こる秋バテは高齢者に多く出るそうです。

秋は朝と夕の寒暖の差が激しくなります。

そのため自律神経の乱れが生じ、睡眠に影響を与えます。

また台風や秋雨前線による気圧の変化でも高齢者は注意が必要です。

そして過ごしやすい気候のせいで普段より活動的になってしまうのも秋バテの原因になります。

症状には疲れやすい、だるい、食欲がない、肩こりや頭痛がするなどが出てくるそうです。

またやる気が出ない、なかなか眠れないというような症状もあり、これらの症状の中で3つ当てはまると秋バテになっているとのことです。

また秋バテではアレルギー症状を引き起こしやすい状態になると言われています。
喘息がある方は喘息発作が出ることがあるため注意が必要です。

秋バテのチェック方法と解消法は?

秋バテのチェック方法は先述した症状のうち3つ当てはまるかどうかです。

もし当てはまるようであれば秋バテの可能性があります。

秋バテの解消方法として効果的なのはゆっくりお風呂に入る、適度な運動をする、朝に白湯を飲む、寝る前にスマホを操作しないなどが挙げられています。

入浴する時には38℃から40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かり、体の芯から温めるようにしましょう。
そして食事面でも体を冷やすようなものは避け、良く噛んで食べるようにします。

また朝に白湯を飲むと体が温まり、身体の中の運動も活発になります。

適度な運動ではエレベーターなどを利用せず階段で移動する、電車を1駅分前に降りて歩くなどの日常生活の中で運動量が増えるようにしていきましょう。
寝る前のスマホも寝付きを悪くして睡眠を浅くする原因になりますので避けましょう。

まとめ

過ごしやすい気候になり活動的になる秋。

また味覚の秋でもあり、ついつい動き過ぎ、食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。
しかし夏の疲れが解消されていないまま過ごしてしまうと秋バテの状態になり、更には大きな病気を引き起こしてしまうことにもつながります。

過ごしやすい時期だからこそ秋バテにならないようにゆっくりとした生活をして寒い冬に備えていきましょう。


2016年10月14日 9:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop