秋の交通安全週間がはじまります!交通弱者について認識を!
の全国交通安全運動」が9月21日~30日の10日間にわたり全国各地で一斉に行われています。

通学中の児童や高齢者が交通事故に遭遇することが多く、その数は交通事故死者数全体の半数以上となっています。

この現状から「子供と高齢者の交通事故防止」を第一の基準点とした秋の交通安全週間と定めています。

全国交通安全運動は、毎年「春と秋」の2回実施されています。

秋の全国交通安全運動

秋の交通安全週間がはじまります!交通弱者について認識を!についてのイラスト 秋が近づいてきました。

朝晩過ごしやすくなってきたのはとてもありがたいのですが、夕暮れ時がだんだん早くなり、視界も悪くなります。

「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」特に、薄暗くなると見分けにくくなります。

「反射材用品等の着用」「自転車前照灯の点灯」の徹底を強化しましょう!

「後部座席を含めた全ての座席のシートベルト」「チャイルドシートの正しい着用」も重要です。

 また、シートベルトの着用は運転手のみならず、死亡事故にもつながります。

 絶対にあってはならないことで、誰もが周知していることですがそれでもなくなりませんね。

高齢者の交通事故に対して

高齢者の着用する衣服は、どうしても暗い色合いのものが多くなります。

出来る限り明るい色を着用するようにすることも重要です。

また「反射材用品等」を衣服や履物に取り付けるだけでも随分と危険回避になります。

これらの事柄の広報啓発活動は、とても重要です。

また、交通安全に対する意識として「総点検」「ヒヤリ地図の作成」等から住民の目を通した「危険箇所」への 取り組みや、その地域への心配りで水分と回避されると思われます。

高齢者の事故においては、高齢者自身の意識の中に「大丈夫だろう」という思いから 走行車両の直前・直後の行動が事故につながる「法令違反」を犯しているという事もあります。

「以前なら渡れた」という道も、高齢者の運動機能低下から渡り切れない場合があることを認識してもらう必要性もあります。

まとめ

交通弱者といわれる子供や高齢者、障害者の方たちへの地域ぐるみの配慮が大切です。

しかし、加害者となる車の運転者ばかりではなく、被害者になりうる人たちも意識して悲しい交通事故を未然に防げるようにしていかなくてはなりませんね。



2016年9月30日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop