他府県の方も気を付けよう、寿命が短いと聞く秋田県男性。その実態とは
秋田県の男性は寿命が短いと言われています。
それは塩分が多い食生活が原因と考えられています。
昔から雪が多く降る地域の方たちは塩分が多い食生活をしていました。
そのためどちらかというと塩分多めの食生活をしている地域の方はその他の地域と比べて寿命が短いとされています。
そして塩分多めの食生活に加えて飲酒量も多いのがこの地域の特徴であり、がんの罹患率が高く、結果寿命が短くなっていると言えます。

秋田県の食生活は塩分多め

他府県の方も気を付けよう、寿命が短いと聞く秋田県男性。その実態とは 秋田県の男性は寿命が他の都道府県と比較して短いとされています。
これは秋田県の食生活が関係していると考えられています。
秋田県のように雪が多く降る地域では、魚や野菜などを塩漬けして保存していました。
そのため塩分の濃いしょっぱい味付けを好無用になり、結果塩分が多めの食生活になってしまっているのです。
ちなみに塩分が多い食生活では、胃がんのリスクが高くなるとされています。
ある研究では塩分が多い食生活をしているグループでは約500人に1人が胃がんになったという結果が出ています。
これはそうでないグループと比較した場合、リスクは約2倍となっています。
なぜ塩分多めの食生活が胃がんにつながるのかというと、塩分が胃の粘膜にダメージを与え、そこにピロリ菌が攻撃してしまうと考えられています。  

がんだけではなく、生活習慣病のリスクも

そして塩分多めの食生活は高血圧などの生活習慣病の発症リスクを高めます。
特に纐纈悦は動脈硬化につながり、心筋梗塞や脳梗塞などの疾患リスクを高めてしまいます。
そのため寿命にも影響してくると言えます。

合わせて知っておきたいのが秋田県の飲酒量です。
平成26年度の成人1人当たりの酒類販売量をチェックすると、秋田県は全国の中で4位となっています。
その量は年間約92リットルとなっており、喫煙率も全国5位となっています。
飲酒と喫煙はがんの発症リスクになります。
中でも食道がんはこれら2つに大きく関係しているとされています。

まとめ

塩分多めの食生活、飲酒、喫煙。
これらは個人の意識により改善することができますが、長年の生活で染み付いたものをすぐに止めるというのは難しいことです。

しかしがんや生活習慣病でつらい思いをするのはその本人であり、周りの家族でもあります。
秋田県の方以外でもこうした生活をしている方はたくさんいます。
今日から少しずつ食生活や飲酒、喫煙について考え、生活を改善していきませんか?


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop