アルツハイマーに夜食が関係!?夜食している人はご注意を!
アルツハイマー型認知症は脳にアミロイドβ(ベータ)というたんぱくが蓄積されて細胞を破壊し、脳萎縮が起こる認知症の中で最も多くみられる病気です。脳萎縮が起こるために、記憶障害や認知障害などの様々な症状が出てきます。

アルツハイマー型認知症とは

アルツハイマーに夜食が関係!?夜食している人はご注意を!についてのイラスト アルツハイマー型認知症とは認知症の中でも最も多く発症する認知症です。記憶障害や認知障害などの症状が出てきます。病気が進行していくことで、何もできなくなり、寝たきりとなって最期を迎えるといったことが起こってしまいます。比較的女性に多く発症し、増加する傾向のある認知症です。主な症状は、記憶障害です。一般的に「物忘れ」というものは、何か忘れていても指摘をされれば「忘れていた」と認識できます。しかしアルツハイマー型認知症の記憶障害では何か忘れていたの「何か」自体を忘れてしまいます。また他にも、服を着るなどの動作の手順を忘れてしまう障害や自宅がわからなくなるなどの見当識障害といった症状が見られます。そのため、徘徊につながるのです。

認知症と夜食の関係

深夜になにか食べるという生活は、記憶を司る大脳辺縁系の「海馬」に対して悪影響をもたらすことがある研究でわかりました。常習的に夜食をするということは生活のリズムが乱れていると言えます。そのため、生活習慣病にもかかりやすい状態であると言えるでしょう。生活習慣病にかかるとアルツハイマー型認知症にかかるリスクが高くなると言われています。また、アルツハイマー型認知症以外の認知症のリスクも高くなります。
食事を摂ると消化をするために胃などの消化器官が積極的に働きます、そのため、夜食を摂ると本来休むべき時間帯の消化器官が活動してしまいます。そのため、睡眠にも大きく影響を与えてしまうのです。睡眠が十分に取れないことも生活習慣病の原因の一つです。夜食一つがアルツハイマー型認知症をはじめとする認知症の原因ではなく、夜食を食べるという生活習慣が原因として挙げられるのです。

最後に

現代では24時間交代の勤務が多くなってきています。代表的なものとしては、病院に勤務している人や介護施設での勤務、コンビニでの勤務などが挙げられるでしょう。不規則勤務は体に大きな影響をもたらしますが、とはいえ仕事を変えるわけには行かないですよね。そのような場合でも、自分自身が気を付けて生活をすることで適切な生活習慣で過ごすことができるのではないでしょうか。若いうちは「自分は認知症になんかならない」と思っている人でも将来はわかりません。今からでも正しい生活習慣で過ごし、認知症の予防に努めましょう。アルツハイマー型認知症の原因のアミロイドβ(ベータ)たんぱくは、何十年前から蓄積されているのです。
参考元:ライブドアニュース


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop