朝風呂は危険かもしれません!ヒートショックを防ぐ「水分」
先日は都心部でも積雪があり、寒い日が続いています。
寒い日こそお風呂に入り身体を温めたいと思っている方、多いですよね。

しかし寒い日の入浴には注意が必要です。特に朝風呂には危険が多く潜んでいます。

ヒートショックと呼ばれる入浴中の事故を予防し、安全に入浴して心も身体もほかほかになるようにしていきましょう。

リスクが高い朝風呂

朝風呂は危険かもしれません!ヒートショックを防ぐ「水分」についてのイラスト 朝お風呂に入って身体をシャキッとさせたい、と思い入浴をしたらヒートショックを起こしてしまうというケースも少なくありません。

特に朝は睡眠中の不感蒸泄により水分が失われている状態です。
そのため血液がドロドロとしているため、入浴によりさらに負担がかかると脳梗塞などを発症するリスクが高くなってしまいます。

また冬場は特に脱衣場も浴室も冷えていますよね。
そのため暖かい寝室などから急に寒い脱衣場や浴室へ行くことで温度変化が急激に起こってしまいます。

そうすると心拍数の増加や血圧の上昇が起こり先述した脳梗塞などのリスクを高めてしまうのです。

もし朝風呂に入りたいのであれば必ず水分補給をしてからにしましょう。
水分補給をすることで血液粘度が少し軽減されます。

安全に入浴するためにはどうしたらいいのか

今までは朝風呂のリスクについてでしたが、冬の入浴では朝はもちろん夕方や夜に入る入浴でもヒートショックのリスクを高めてしまうものです。
ヒートショックとは急激な温度変化による心拍数の増加や血圧の上昇などによりふらつきやめまいなどを起こす、脳梗塞などを発症するというものです。

ヒートショックが原因で亡くなった人の割合は交通事故の4倍にもなるそうです。

では安全に入浴するためにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは脱衣場と浴室の温度差がないように温めておきましょう。
浴室は温かいシャワーを出しておくことで浴室内も床も温めることができます。

そして寒いからと言ってすぐに浴槽へ入らないようにしましょう。
足先から順番にかけ湯をしていくことで身体が慣れてきます。

またお湯から上がる時もゆっくりと立ち上がるようにしましょう。

まとめ

寒い日には温かいお風呂に入ることが楽しみですよね。
しかし一歩間違えてしまうとヒートショックにより体調を崩してしまうことにもなります。

ヒートショックを防ぐためにも脱衣場や浴室を温めておく、浴槽に直行しないなどの注意事項を守って入浴をしましょう。

また入浴前と後に水分をコップ1杯取ることを忘れないようにしましょう。


2016年12月5日 12:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop