オーディオブックが現在人気上昇中!高齢者にも人気なその訳とは?
オーディオブック高齢者にも人気になっています。

オーディオブックとは書籍を朗読した音声が録音されているデータです。
そのため音楽を聴くように何かをしていたとしても気軽に楽しむことができるようになりました。

また日本ではあまり普及していませんでしたが、スマホやタブレット端末が普及すると共にこのオーディオブックの人気が上昇し、高齢者にも人気になっています。

オーディオブックとは何か?

オーディオブックが現在人気上昇中!高齢者にも人気なその訳とは?についてのイラスト オーディオブックをご存知ですか?

このオーディオブックは書籍を朗読した音声データをインターネット上などで購入し、自分が持っているスマホやタブレット端末にダウンロードし、音楽のように聞くことができるものです。

アメリカで配信され始め、今では日本での人気が出ています。
通勤途中の電車の中でも本を取り出して読むことに抵抗があってもオーディオブックであれば気軽に本を楽しむことができます。

今では出版社との連携により日本のオーディオブック市場は約50億に達しているとされています。
そして今後書籍全体のうち、5~10%に達して市場も500億に達するのではと考えられています。

オーディオブックは「本のバリアフリー」

オーディオブックは高齢者を始め、視覚障害のある人たちにも人気が出ています。
オーディオブックを提供している企業では高齢者や視覚障害のある人たちに対して提供することは「本のバリアフリー」と考えているようです。

高齢者になると活字を読むことで疲労を感じやすくなります。
また視覚障害の人たちは点字で表示されていないと本を読むことができません。

そうした人たちが気軽に本を楽しむことができるのもオーディオブックのメリットになります。


また現在、日本人の中では「活字離れ」が問題になっています。
スマホやタブレット端末で簡単にニュースなどを知ることができ、新聞や雑誌などから情報を得ることが少なくなりました。

そうした活字離れに対しての効果はまだ不明ではありますが、何かをしながら書籍の中の情報を得るということから、やがて実際の書籍や新聞など、活字を読むという機会が増えればいいですね。

まとめ

何かをしながらでも本を楽しむことができるオーディオブックですが、忙しく働く世代にとってはとても気軽に書籍を楽しむことができるためありがたい存在になるのではないでしょうか。

またオーディオブックを聴き、実際に書籍を購入するということになれば書籍界全体の活性化にもつながります。

あまり本を読む機会がない、とその面白さに触れる前に諦めてしまっている方もいるのではないでしょうか?
そういった方のハードルを下げる役割もになってもらいたいですね。


2016年12月3日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop