高齢者数は増加に推移…なのにベッド数は減少!?
高齢化が進む日本。
高齢者数は年々増加傾向に推移しており、2025年には2179万人が75歳以上の高齢者になるとしています。

しかし国は病院などの病床数を減少させる方向で検討しています。これは高齢者が自宅で必要な医療や介護を受けながら暮らしていくことを意味しています。

病床数を減らす

高齢者数は増加に推移…なのにベッド数は減少!?についてのイラスト 日本では現在、命の危険がある人を治療する高度急性期病床が約19万床、手術などの治療が必要なための人を受け入れる急性期病床が約58万床、慢性期病床が約35万床あります。

しかしこの病床数を大幅に減少する方向で進めており、高度急性期病床は13万床に、急性期病床は40万床に、慢性期病床は24万床に減少する方針です。

この病床の減少方針は、医療による財政圧迫が関係しています。
また医療関係者の不足も背景にあるでしょう。

しかし大きな理由は 病床数を減らし、本当に必要な人だけを入院治療させ、その他は自宅で過ごしながら訪問医療や介護を受けるようにということになります。

確かに病院では治療が終わったにも関わらず、退院先がなく仕方なく入院しているという高齢者も少なくありません。

そうすると入院が必要な人を受け入れることができないということにもなるため、病床数の減少は致し方ないような気がします。

施設も不足し自宅で生活せざるを得ない状況に

今でも特別養護老人ホームなどの介護施設が不足しており、待機している高齢者の数が増えています。

また特養に関しては入居に係る条件が厳しくなったこともあり、その条件に合っていない高齢者を自宅で介護している人も増えているでしょう。

そしてこれからも介護施設の不足は続きます。
そのため、自宅で医療や介護を受けながら生活をすることになります。

しかし十分な医療や介護が受けられるかと言われたら疑問が残るでしょう。

政府が進めている地域包括ケアシステムはこれらを意識して構築されているものです。

住み慣れた自宅やその地域で必要な医療や介護を受けながら生活できるということを目的にしているのですが、必要に応じて医療機関への入院や介護施設への入所も可能です。

まとめ

このシステムをより具体化し、誰もが住み慣れた自宅や地域で生活できると自信をもって言えるようにすると介護施設の不足や病床数の減少に関して不安を軽減することができるのではないでしょうか。

2025年まであと10年を切りました。
現在の高齢者もこれからの高齢者も安心して生活できるように介護や医療の充実を図ってほしいものです。


2016年9月9日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop