ビーコンを活用した「見守りシステム」
今回のビーコンとは500円硬貨程度の大きさで、普段の身の回りに取り付けやすくなっています。
小さいことでさまざまなシーンでの活用方法が検討されています。

認知症高齢者の徘徊は予期せぬ事故を招くこともあり、いち早い発見が必要となります。
でも闇雲に走り回っても居場所は中々つかめません。そこで「見守りシステム」登場となります。

携帯電話とかスマホにGPSの機能があることは皆さんご存知かと思いますが、持ち歩いていないと効果はありません。

認知症高齢者への携帯

ビーコンを活用した「見守りシステム」についてのイラスト 徘徊が始まった認知症の人に「出かけるときには携帯をもって・・・」なんてことはできませんね。

24時間ぴったりと寄り添うことは出来ませんから、ちょっと目を離した隙に消息不明となるのが徘徊の一番困ったことです。 このビーコンはいつも持ち歩くバッグや杖などに装着できるので安心ですね。

このビーコンの便利なところは軽くて小さいことで活用が簡単な点です。
このビーコンが発信機で、例えば街中の電柱などに受信機を取り付けていれば「ただ今通過」と受信するのです。

その場所が契約者のスマホなどへ送信されると「いまここだ!」と場所の特定ができますね。

ビーコンってなに?

ビーコン(Beacon)には、のろしとかかがり火、「位置と情報を伴った伝達手段」とあります。
調べてみるとBluetoothという信号の発信機と説明にありました。

といってもBluetoothが分かりませんよね。 簡単に説明しますと、ビーコンから信号を数秒間に一回発信しています。それは半径数十メートル範囲に発信しますからそれを受信すると場所が特定できるのです。

現在「道路交通情報通信システム」で活用され、車の渋滞状況・所要時間、通行止めなどの情報で私たちに役に立っています。 「雪崩ビーコン」というものもあります。

これは登山者が雪崩に巻き込まれて、雪の下じきになった時その人が持っているビーコンから発信される電波で雪に埋もれた場所を探知できるというものです。

ただし街中で受信できる環境がないと活用できません。
協力店舗や駅電柱などに「見守りシステム」を設置する必要があります。

現在横浜市中区の小学校で、ビーコンを使った見守りサービスの実証実験行った結果子供の登下校が把握でき有効だと分かりました。

まとめ

「見守りシステム」にビーコンを活用するという方法は、高齢者の安全のためだけでなく家族の方の安心にも大きな効果が期待できます。
今後もビーコンの有効活用の輪が全国に広がるといいですね。

地域全体で子供と高齢者を守れる活用方法です。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop