病院と訪問看護の連携を強化
病院の看護師在宅医療に目を向けるために、訪問看護として在宅で暮らす方たちを支援する取り組みが行われています。
これは地域包括ケアステーションの構築に向けての動きです。
そして病院からの退院調整を円滑にする効果も考えられており、関係する職種の連携が深まると考えられています。

訪問看護ステーションの開設も毎年あるのですが、休止や廃止するところも多くなっており、この問題の解消のためにもこの取り組みが効果を出しそうです。

病院の看護師から訪問看護の仕事へ

病院の看護師が一定期間訪問看護をする取り組みが行われています。
これは病院の看護師が退院支援をする際にスムーズに進められるようにするため、地域包括ケアステーションを開設するためです。

地域包括ケアシステムの構築が進められており、介護が必要な方でも安心して在宅で生活をするためにこうした取り組みを行っています。
また病院を退院する時にスムーズへ在宅に移行できるよう、在宅医療を知るために病院の看護師が訪問看護を経験しています。

病院の看護師から訪問看護を経験した方の中には病院へ戻った後に退院支援に関わるようになった方もいるそうです。
そうしたことでもこの仕事の交換は様々な効果があると言えます。

在宅医療を経験することで得られること

病院の看護師が訪問看護を経験すると病院と在宅医療のギャップを感じます。
必要な医療をすぐに行うことができる病院と、限られた衛生材料や器具で行う在宅医療の違いを感じることで、より病院からの退院を調整する時に役立つ経験になります。

また病院で退院調整をする時に「在宅は難しい」と感じたとしても在宅医療を経験している看護師がいることで工夫して在宅医療を行えるという強みにもなります。

訪問看護ステーションの数は増加している一方で休止や廃止する事業所も増えているそうです。
また小児や障害者、難病などに対応できる事業所も限られているという問題があります。

こうした問題が解消されなければ在宅医療に移行したくてもできない方が増えてしまうと考えられます。

まとめ

病院の看護師と訪問看護のどちらも経験している看護師は在宅医療にも退院調整にもどちらにも強みになります。
こうした取り組みを多くの自治体で取り入れていただき、スムーズに在宅への移行ができるようになって欲しいものです。
また同時に、幅広い疾患や年齢層に対応できる看護師が在籍する訪問看護ステーションが増えるような取り組みを検討し、実施していくと地域包括ケアシステムの構築も充実していくと考えられます。


2017年11月12日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop