高齢者の地方移住は進むのか?CCRCとは?
今東京の人口は集中し増加している状態です。
このままだと将来首都圏の介護、医療環境は不足し大きな不安を抱えてしまうと予測されています。
そこで高齢者を地方移住に向けて働きかけている「CCRC構想」があります。
CCRCとはなんでしょうか?

そして高齢者にとって地方移住は魅力あるものになり、進んでいくのでしょうか?

CCRCとは?

シニアの地方移住は進むのか?CCRCとは?についてのイラスト CCRCとはContinuing Care Retirement Communityの略語で1970年代の米国で登場しました。その日本版として政府が有権者会議で取りまとめたものが「日本版CCRC構想」です。

「東京圏をはじめとした高齢者が、自らの希望に応じて地方に移り住み、地域社会において健康でアクティブな生活を送るとともに、医療介護が必要な時には継続的なケアを受け取ることができるような地域づくり」を目指すものです。構想の意義としては

① 高齢者の希望の実現
② 地方へのひとの流れの推進
③ 東京圏の高齢化問題への対応 の3つの点があげられています。

これまでの高齢者施設は要介護状態になってから入り、その時に地方へ移住する場合はありました。
この「CCRC」は健康で元気な頃から移住し、仕事や社会活動などに積極的に参加し、地域に溶け込んで多世代と共に働く事を目指しているのです。

首都圏からの地方回帰率は0.1%

「CCRC」の3つの点のひとつ「高齢者の希望の実現」の意義となった意向調査では地方へ移住したいと考えている人は50代では男性は約5割女性では約3割でした。

60代では男性約3割、女性約2割にもぼり、その希望を実現の為に掲げられていましたが、実際に55歳から69歳の人口移動の状況を総務省統計局のデータで調べてみると2010年~2015年の6年間で首都圏から実際に地方へ移住した方は0.1%にしかいませんでした。

やはり行きたい気持ちはあれども実際に移住するには至っていないようです。「CCRC構想」を立ち上げてもまだ結果は出ていないようです。

まとめ

このままでは首都圏の高齢化はますます進み、要介護状態になっても入るところがない介護難民であふれてしまうかもしれません。「CCRC構想」にもっと近づいていける環境を作りだすべきだと思います。

地方での転職支援をもっと充実したものに変え、元気な内から入れる高齢者住宅を積極的に建設していくことも一つだと思います。

要介護状態で入所する介護施設の建設も必要だと思いますが、元気な内に夫婦でも入れ、そこでのコミュニティや地域の社会奉仕などに活動でき、いざ要介護になってもその場所でサービスを受けられる高齢者住宅を増やすほうが高齢者の地域移住を促すことになるのではないでしょうか?


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop