地域医療構想の目的は?2025年問題を乗り切るための医療計画
2025年に団塊の世代と呼ばれる人たちが全員75歳以上を迎え、後期高齢者となります。
この時に医療や介護の需要が全国的にピークを迎えると言われており、各都道府県で地域医療構想を立てています。

この医療構想の目的は、2025年には急性期の病床よりも回復期や慢性期の病床数が多く必要になると言われています。 各自治体で病床数を検討し適正な配置にするという医療計画を立てていくことです。

地域医療構想とは

地域医療構想の目的は?2025年問題を乗り切るための医療計画についてのイラスト 2025年には団塊の世代の人たちが後期高齢者の仲間入りをするため、高齢化社会はより加速します。

その際に今のままの病院の機能では不十分であるとして高度急性期機能、急性期機能、回復期機能、慢性期機能というように病床を再振り分けすることが必要になってきます。その振り分けを各都道府県に依頼して地域医療構想としているのです。

2025年頃に想定される人口の増減や高齢者数などによって必要な機能の数は変わっていきますが、概ね高度急性期医療や急性期よりも回復期や慢性期の病床数の必要数が多いとされているようです。

ちなみに回復期は病気やけがで入院している場合命の危険がなくなりリハビリを中心に行っていく時期、慢性期は慢性的な病気で入院治療が必要である場合とされています。

地域医療構想における病床は回復期と慢性期が多くなる?

2025年には高齢者が大幅に増加します。
そのため、高度急性期や急性期の病床が多く回復期や慢性期の病床が少ない時には問題が起こります。
その問題とは、急性期を脱した時の受け入れ先がないということです。

急性期を脱した患者さんは退院するためにリハビリをする必要があります。
また病気が慢性化してしまい、退院が難しいという状態になれば長期入院を受け入れる病床も必要になります。

2025年には高齢者が大幅に増えますので、急性期を脱した後にリハビリをしないと退院できない人が今以上に多くなるでしょう。そうした場合に回復期や慢性期の病床が多く必要になるのです。

まとめ

2025年問題とも言われているくらい、2025年には後期高齢者を含め、高齢化社会が加速します。
人口比で見ても約30%が高齢者になると言われています。
そのため、今から準備をしておかなければ間に合わないのが現状なのです。

そして機能別の病床に分けてもその病床を担う人材も不足しています。
そのため、人材確保も重要になっています。入院することなく元気に生活できるように団塊の世代の人たちは今から身体を鍛えて欲しいなと個人的には思いました


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop