独居老人の見守りシステム!町内会復活で高齢者の孤立化を防ぐ
独居老人の問題が取り沙汰されている昨今、新たな見守りシステムが福島県で開始されました。

仮設住宅などで孤立化が進む中、震災で独居老人となった方などを町内会で見守りするというシステムです。

震災が原因で…

独居老人の見守りシステム!町内会復活で高齢者の孤立化を防ぐについてのイラスト 一般的に独居老人とは、配偶者に先立たれ身内もいないため一人で暮している方のことを指します。

しかし、年齢を考えると高齢者の方は転倒や気温の変化など、ちょっとした原因で重症化してしまい、最悪の場合死に至るケースもあります。

そのなかでも東日本大震災が原因となり、 元々は独居老人でなかったにもかかわらず現在は独居老人として暮している方もいらっしゃいます。

仮設住宅から新しい住宅に暮らしはじめるために行動している方も多い中、高齢者はその流れについていけていないといった感があり、孤独感を感じているというのが現状のようです。

また、復興公営住宅では、新しい近隣住民同士のコミュニュケーションが必要となりますが、高齢者はなかなか馴染めず、引きこもるケースも見受けられます。

見守りシステムを町内会が実施

このようなことから、震災から5年を迎えた福島県では、高齢者が一緒になって作り上げられるような「町内会」を目指しているそうです。

この活動の主な内容としては高齢者の健康増進の意識作り、独居老人町内ごとに組織し独居老人を地域で見守るというシステムになります。

この政策は県内の4つの町内会をモデルケースとして50万円を限度額とし各町内会に対し補助するなど、町への財政援助としても協力していきます。
各町内会は、独居老人の見守りシステム以外にも、体操などそれぞれに活動計画を検討し、実行していく予定です。  

まとめ

町内会が独居老人の見守りを行うというシステムはとてもいい試みだといえるでしょう。

しかし前述の通り、独居老人や高齢者の数が増えていくと予想されているということは、それだけ見守りを行える地域住民の協力が必要になるということです。

それだけの人数を確保できるように事前に準備しておく必要もあるでしょう。

とはいえ、このように地域でお互いを支え合うという試みは素晴らしいことです。
是非継続していただきたいですね。


2016年7月6日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop