コレステロール値を下げる薬に意味はない!?副作用を考えると恐ろしいかも!
コレステロール値血症でコレステロール値を下げるためのを処方されている方も多いのではないでしょうか。
しかしそのコレステロール値を下げる薬には副作用もあります。

またコレステロール値を下げるためには運動をする、体重を落とす、食事を意識するなど内服以外の方法もあります。
内服する以外の方法を行い、薬を飲まなくてもいいようなコレステロール値を保っていくようにしませんか?

コレステロール値を下げる薬の副作用

コレステロール値を下げる薬に意味はない!?副作用を考えると恐ろしいかも!についてのイラスト コレステロール値が高く、下げるための内服を処方されている方も多くなっています。

またコレステロール値が高いと動脈硬化や心疾患を引き起こすリスクもあり、医師から処方された通りに内服しているのが当たり前になっていますよね。

しかし実はコレステロール値を下げる薬には副作用があります。
その副作用の中には横紋筋融解症という筋肉が低下する病気があり、この病気は重篤化すると腎不全が起きることもあります。

高齢者の場合は症状がゆっくりと進行するケースがあり、患者さん自身「筋肉痛かな?」ということもあります。

また高齢者の場合、筋肉の低下が起きることで要介護状態や寝たきりにもつながってしまうと言えます。

コレステロール値を下げるためには

コレステロール値を下げるために内服をする、という考え方もありますが実は内服をしなくともコレステロール値を下げることができます。

コレステロール値を下げる薬の成分の中のスタチンは酵素の働きを抑えてしまうため、免疫力を下げる働きをしているミトコンドリアの働きを抑制してしまいます。

そのため自然にコレステロール値を下げることができる方法で管理していくことが身体のためにも必要だと言えます。

  その方法はまず食事を変えることです。
肉を多く摂る食事はどうしてもコレステロール値を上げてしまいます。

日本では戦後欧米化の食事になり、コレステロール値が上がってしまう方が増えました。
コレステロール値を下げるには野菜中心の食事をすることが大切です。

また運動をすることも大切です。
適度な運動をすることは健康維持のために必要です。

まとめ

食事を変える、運動をするということだけですぐにコレステロール値が下がるわけではありません。
しばらく継続していかなければ効果は出ません。

しかしコレステロール値を下げるための内服をして副作用が出るよりも、安全にできる食事を変えるなどで改善していくようにしていくのも大切なことかもしれません。


2017年6月25日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop