カウンセリングなんて効果ない!女性がカウンセリングを避ける理由は?
カウンセリングに対して効果がないと考えている方もいますよね。
カウンセリングは悩んでいることをカウンセラーに話すことで悩みの解決につなげていくものです。

カウンセラーが直接悩みを解消するわけではなく、悩みの解決のヒントを与えるのですが効果がないとカウンセリングを避ける女性が多いそうです。
このことには女性ならではの特徴が関係していそうです。

女性がカウンセリングを受ける時の特徴

カウンセリングなんて効果ない!女性がカウンセリングを避ける理由は?についてのイラスト 人間関係や長時間労働などにより、心の病に悩む方が増加しています。

そして心の病に対して行われるものにカウンセリングがあります。
また心の病まで達していなくても悩みを吐き出し、解消するという予防の面でもカウンセリングが期待されています。

カウンセラーに対して悩んでいることを話すのですが、男性の場合には事実を話すケースが多くなっています。
女性は感情をストレートに出す、というのが男女の違いになります。

また心理カウンセリングを行っているカウンセラーによると男女比は2:8となっているそうです。
男性が女性よりもカウンセリングに抵抗感があるのが分かります。

女性がカウンセリングを避ける理由

男女比では2:8であるカウンセリングですが、女性の中には効果がないと感じカウンセリングを避けることもあるそうです。
カウンセリングは悩みの大きさなどにより継続して受けなければならないケースが多いことも関係しているかもしれません。

悩んでいる女性の場合、一度カウンセリングを受けてその悩みが解決しなかったとしたら効果がないと感じ、継続するのを辞めてしまうのかもしれません。

その方の性格にもよりますが、一度で結果を出したい性格の方に対してはカウンセリングの効果はあまり感じられないのではないでしょうか?

また感情をぶつけることが多い女性の場合、その感情を受け止めてくれたのかどうか分からないカウンセラーだったら同じように分かってくれないとカウンセリングをやめてしまうことも考えられます。

まとめ

カウンセリングにも様々な種類があり、うつ病などの心の病の治療として行われているもの、民間で行われているものなどがあります。

心の病でカウンセリングが必要な場合には病院やクリニックに配属されている臨床心理士によるカウンセリングが行われています。

また民間で行われているカウンセリングには資格が何もない方が行っているケースもありますので、なぜカウンセリングを受けるのかということをはっきりとさせ、適切なカウンセリングを選択しなければなりません。

もしその選択を誤ってしまった場合、もしかしたら効果を感じることができずに継続してのカウンセリングをしないということになるかもしれません。


2017年6月22日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop