「ダブルケア」ってご存知ですか?
政府の指針では住み慣れた地域で介護を行うことが良いとされており、実際に子育て中の介護を行う家庭ではとても困難なことです。
現在、待機状態で入所待ちの特別養護老人ホームは加点式の入所選考に対してダブルケアの人に支援の手を、全国初の試みで横浜市が差し伸べます。

「ダブルケア」とは?

親ダブルケアの人に朗報!入所が可能になるように考慮についてのイラスト 子育て中に、親の介護も担うという状態のことです。
保育施設も介護施設も共に絶対数が不足し、順番待ち状態となってしまいどちらも入所できず家庭内ではもう限界状態となっている家庭もあるのが現状です。
親の介護は確かに重要です。でも日々成長してゆくわが子の大事で楽しみな時期でもあるのです。 ですが、毎日子育てと介護で心のゆとりもなく、くたくたになってしまうことで精神的に切迫してしまい虐待などにつながってしまう可能性もあるのです。

ダブルケアサポート横浜プロジェクト

高齢化と晩婚化が同時進行となっている現代では、子育て期と介護期とが重なってしまう現実があります。 それに対して介護と育児とは同じ路線では考えられていませんので、孤立感の中で格闘する女性の苦悩が想像以上です。 今回立ち上がったこのプロジェクトでは、「寄り添い理解するリポーターの育成」に焦点をあてて現在直面中の人と 今後直面するだろう人にも支援情報や経験に基づく知恵をハンドブックとし配布するというものです。
また、経験からの話し合いがもたれたりし、地域とのつながりの中で子育てと介護の在り方の意見交換の場も作り 孤立かしがちなダブルケアラーの心のケアにも寄り添う考えです。
親の介護は認知症などを発症していれば、こちらも目が離せませんので体が幾つあっても足りない状態です。順番の中には、家族構成、家族状況なども考慮し支援体制がはかられます。

まとめ

現在、ダブルケアという言葉・概念も含めてですが認知度はまだまだ低いもので、社会的に理解に乏しい状況です。
ですが、実際に苦しんでいる人は少なくはなく、今後わたしたちにも起こり得るような身近な問題です。
このハンドブックから始まり、今後もいろいろな支援策が提案されるといいですね。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop