口腔ケアできていますか?唾液には特別な効果が?
唾液には様々な効果があります。
唾液は口の中をきれいにする効果もありますが、口の中を湿らせて食べ物を飲み込みやすくする、声を出すなどの効果もあります。

唾液が少なくなるとお口の中のトラブルのもとになりますので、しっかりとお口のケアをして、良質な唾液を出すようにしていきましょう。
また、定期的な専門医でのケアも大切です。

唾液の持つ効果とは

口の中の唾液の存在!唾液には特別な効果が!? 普段、唾液のことを気にしている方はどれくらいいるのでしょうか?
気にすることもなく毎日を過ごしている方が大半ですよね。

この唾液には様々な効果があります。
まずは食べ物をスムーズに飲み込むための役割をします。
口が乾いている時に食べ物を口に入れると張り付く、飲み込みづらいという経験をしたことがないでしょうか?
これは唾液が少ないことが原因です。

次に発声を助ける役割があります。
緊張すると声が出しにくいことがありますが、これも唾液が少ないのが原因です。

唾液にはこうした口の中を湿らせて食べ物をスムーズに飲み込む、発声を助ける効果があるのです。

唾液には口の中をきれいにする効果もある

唾液には口の中をきれいに整える効果もあります。
唾液が?
と感じることもあるかと思いますが、良質な唾液が十分に分泌されると口腔内を中性に保つことができます。
口の中が酸性になってしまうと虫歯ができやすい環境になりますので、唾液がとても重要な役割を果たしてくれるのです。

また初期の虫歯を修復してくれるという効果もあるそうです。
唾液には歯の再石灰化の効果もあります。
しかし最初期の虫歯でないと効果は出ません。
進行した虫歯の再石灰化は難しいため過信しないようにしてください。

唾液を十分に出すためには

では唾液を十分に出すためにはどうしたらいいのかも確認していきましょう。
まずは歯磨きをしっかりとするところか意識していきましょう。
歯磨きをする時には力を入れ過ぎないよう、歯茎と歯の間もしっかりと磨くようにします。

また歯間ブラシを使って歯と歯の間の汚れもしっかりと取り除くようにします。
歯の隙間の汚れは取り除きにくいのですが、残ってしまえば虫歯の原因になります。
そのため、歯磨きの後にデンタルリンスを使って口の中をきれいに保つこともおすすめです。

さらに定期的に歯医者でのケアも心掛けましょう。
なかなか普段のケアではきれいにできないところまで口のプロがケアしてくれ、唾液はもちろん虫歯の予防にもなります。
歯が痛くなければ歯医者に行きたくないと思っている方も多いとは思いますが、いつまでも自分の歯で食事をすることができるよう、今から意識をしていきましょう。


2018年1月29日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop