男性は育児休暇がとりにくい…変わらない企業たち
男性育児休暇。国会議員の育休宣言で注目されました。
政府も2020年までに男性の育休取得率を13%まで上げたいとしているのですが、現状は約2%となっています。

取得率が上がらないのには企業の考え方はもちろん、休暇中の収入に対する不安などがあるようです。

男性が育児休暇を取りにくい現状

男性は育児休暇がとりにくい…変わらない企業たちについてのイラスト 女性が社会で活躍できるようになってきた日本ですが、まだまだ出産後の育児は女性がやるのが当たり前という風潮は変わっていないような気がします。

それが 男性の育児休暇取得が進まない理由でもあるのでは。

また企業の考え方も「育児は女性がするもの」という暗黙の了解のようなものがあるため、男性が育児休暇を取得したいと思っても言い出しにくいという現状もあります。

そして休暇中の収入に対しての不安も大きなネックになっていると言われています。

育児休暇を機会に働き方を見直すのも必要

今まで仕事を優先にして帰りも夜遅くになってしまい育児を母親に任せていた男性。

しかし育児休暇を取ることで育児の大変さを知り、早めに帰るようにして積極的に育児に参加するようになったとの経験談がありました。

そして母親側からも育児の大変さを分かってもらえると同時に働き方を見直して早く帰ってきてくれるようになり一緒に子育てをできるようになって嬉しい、という声が聞かれています。

このように育児休暇を取ることで育児への考え方がかわり、働き方を見直すいいきっかけになっているようです。

まとめ

これから男性の育児休暇が増えていくことで女性が妊娠や出産、育児で諦めていたキャリア形成ができるようになります。

そして女性の活躍も増えていくでしょう。また育児は母親がするもの、というような考え方も少しずつ変化し、夫婦で子育てを協力しながら行う世の中にもつながると考えます。

また男性だけが働いて家庭を支えるという考えではなく、女性でも男子のように働き家庭を支えるというのもすごく良いと感じます。

様々な時代を超えてきた日本ですが、まだまだ育児に関しての考え方が古いような気がします。

そのため、今の社会を踏まえて男性がもっと育児休暇を取得しやすい環境や育児に対して積極的に参加する雰囲気づくりをしていく必要があります。


2016年6月21日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop