男性の育休取得ができない!?家族を守れない現在の社会のあり方。
政府は女性だけではなく、男性育休取得を推進しています。
しかし男性が育休を希望し、上司に申し出ても拒否されるケースがまだまだ多いのが現状です。

また介護休業に関しても法律が見直され、介護を必要とする人が取得できるようになったのですが、男性が介護のための休業を申し出ても拒否されることが懸念されます。

これらは上司側の考え方が大きく関係しているのはもちろん、取り巻く社会的な環境も見直す必要があるのではないかという問題提起なのかもしれません。

育休を希望した男性に対してのハラスメント

男性の育休取得ができない!?家族を守れない現在の社会のあり方。についてのイラスト マタハラという言葉はよく聞きます。

これは妊娠中の女性に対するハラスメント(いやがらせ)のことであり、以前から問題になっていることです。
しかし今、男性に対するパタハラということが問題になっています。

これは男性が育児に参加するために休暇を取得しようとした時にハラスメントを受けることです。
育休を希望した時はもちろん、子供が熱を出したため早退を申し出るなどの時に暴言を吐かれる、その後もいやがらせをされるということもあるようです。

確かに昔から女性が家庭を守り、育児をするという考えか方が根強く残っているのが日本の現状です。

しかし女性も社会で活躍できる世の中へと政府も考えている中、男性の育児参加がないというのは問題ではないでしょうか。

介護休業も取りにくい?

男性が育児に関する休暇や休業を取りにくい、パタハラがあるというのが問題となっていますが、介護をしなければならない男性が介護のための休暇や休業を申し出た時も同様にハラスメントを受けることになるような気がしますが、皆さんはどう考えますか?

上司の立場の方の中にはもしかしたら「家庭のことは女性がするもの」という考えの方がいて、「介護も女性がするもの、男性がするものではない」という昔ながらの考えを持っているのであれば介護に関する休暇や休業は認めないでしょう。

こうした昔ながらの考え方を少しずつ変えていくことが求められます。

確かに戦後しばらくは女性が家庭を守り、男性が大黒柱として活躍していたという時代でした、しかし今が女性が活躍することも多くなり、男性が家庭を守るケースもあります。

そして子育ては夫婦で協力して行うものという考え方にシフトしてきています。

まとめ

「男性だから仕事」「女性だから家庭」という考え方がそもそも性別による差別のような気がします。
子育ても介護も夫婦または家族で話し合って誰が何をするかというのをお互いに納得して行っていくものです。

それを古い考え方に当てはめ、拒否するというのは時代錯誤ではないでしょうか。
もちろん育児や介護に関する休暇や休業をする側は他の同僚に迷惑をかけないようにしっかりと環境を整えていくのが礼儀です。

「休むのが当たり前」という感覚は、性別による差別以前の問題ですから…。


2017年5月13日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop