何もしてないから大丈夫…じゃない!かくれ脱水症状の対処法!
脱水になりやすい時期でもある夏ですが、脱水症状が出た時の対処方法はご存知ですか?
実は今運動などをしていなくても脱水になってしまうかくれ脱水が問題となっています。

かくれ脱水は本人も自分自身が脱水になっていることに気付いていないことを指しています。
よってより症状が進行してから気付くこともあり、注意が必要です。

かくれ脱水とは?

何もしてないから大丈夫…じゃない!かくれ脱水症状の対処法!についてのイラスト 食欲がない、疲れやすいなどの症状が出た時に「夏バテかな」と軽く考えてしまうことが多いのではないでしょうか。

しかしその症状が夏バテによる場合もありますが、実はかくれ脱水であるということもあります。

かくれ脱水になってしまうと夏バテのように食欲がない、疲れやすいという症状からさらに食欲不振につながり栄養が摂れない、水分が摂れないということにもつながります。

そうすると脱水が進行してしまい、命に関わるような重度になってしまうこともあります。

特に室内で過ごすことが多い方はかくれ脱水に注意が必要です。

また日中も注意が必要ではありますが、夜間も注意しなければなりません。

風通しの悪いところや気密性の高い建物の中にいる場合には汗が蒸発しにくく、体温がなかなか下がりません。

夜間も同様で夜中のトイレの心配をして水分を取らなかった場合にはかくれ脱水になってしまうこともあります。

かくれ脱水の予防方法

知らず知らずのうちに脱水になってしまっているかくれ脱水ですが、どのように予防したらよいのでしょうか。

まずは室内の環境を整えましょう。

風通しの悪い空間では熱中症にもなりやすい環境です。

そのためエアコンと扇風機を併用して風通しを良くしながら適切な室温にしましょう。

そして水分を積極的に摂りましょう。
トイレに行くのが億劫だからと言って水分を控えていると危険です。

また 水分を取るのと同時に食事もしっかりと摂るようにしましょう。

夏の暑さでは食事が進まずに簡単なもので済ませがちです。

しかし栄養不足でもかくれ脱水になることがありますので、バランスの良い食事を心がけましょう。

就寝中の環境も大切になります。
人間は寝ている時にも汗をかき、その湿気で湿度が上がってしまいます。

高温多湿の環境では汗をかきにくくし、体温調節ができません。そうしてかくれ脱水に繋がっていくのです。

まとめ

かくれ脱水になってしまうとそのまま重度の脱水になってしまうことも予想されます。

脱水かもと思って受診した時にはすでに重度化していることが多いとも言われています。

特に乳幼児や高齢者は体温の調節機能がうまく働きません。
そのため注意が必要です。

もし近くに乳幼児や高齢者がいる時にはしっかりと観察しましょう。

その際には身体がべたべたしている、身体のどこかに痛みがある、何だかだるそう、ふらついているなどの症状がみられた時にはかくれ脱水を疑い、早めに受診しましょう。


2016年8月19日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop