デマンド交通を推進!メリットとデメリットを詳しく見てみよう!
デマンド交通についてご存知ですか?

デマンド交通とは利用者が自由に乗降場所を決めることができるものです。
そのメリットがある反面、コストがかかってしまい赤字になることがあるというところがデメリットになります。

公共交通機関が無くなってしまった地域にとってはこのデマンド交通が高齢者の閉じこもり防止や交流の場づくりになるとも考えられており、今後発展していくかもしれません。

デマンド交通のメリットは?

デマンド交通を推進!メリットとデメリットを詳しく見てみよう!についてのイラスト デマンド交通という言葉を聞いたことがありますか?
聞きなれない言葉ですが、バスとタクシーの間のような交通機関を指します。

タクシーは自分の希望する場所で乗り降りが可能です。
しかし個人で利用することが多くなってしまいます。

そこにバスのように路線を作り、その路線上でタクシーのように好きなところで乗り降りできるようにしたものがデマンド交通なのです。

この好きなところで乗り降りができるということはメリットになります。
バスのように決められたバス停が遠かった場合の負担もなくなります。

そしてタクシーよりも料金が安く利用できるということもメリットになるでしょう。

デマンド交通のデメリットは?

デマンド交通を行うにあたってのデメリットは、デマンド交通を提供する側にも利用する側にもあります。
デマンド交通は便利な反面、予約を必要としているところが多くなっています。

そのため予約システムに不慣れな高齢者にとっては手続きが大変になります。

またバスと同様、何人もの利用者を乗り降りさせることもデメリットにつながります。

バスは決められた時間に目的地へ到着します。
またタクシーも同様で到着時刻を予想することができます。

しかしデマンド交通の場合には到着時間の変更が大きくなってしまうこともあり、デメリットになります。

提供する側としてはタクシー会社と競合してしまうことが考えられるためコスト面で負担が大きくなってしまうことが挙げられます。
またバスが運行している路線であればバスとの競合もあり、デマンド交通が存続できないこともあるかもしれません。

まとめ

デマンド交通は高齢化や過疎化が進む地域で有効利用されるような気がします。 また高齢者にとって遠いバス停まで歩くよりも負担がなく、タクシーと同じように利用でき料金は割安ということもあり、普及すると外出をする機会が増えていくのではないでしょうか。

そうなると閉じこもりを防ぐことにもなります。

しかしデメリットがあることは改善する余地があるということです。
デメリットを上回るようなメリットをもたらすようなシステムの構築が求められます。


2016年11月18日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop