デマンドタクシーが高齢者の増加する事故という課題を食い止めるのか!?
高齢者の運転する車での交通事故が増加し続けています。

そのため様々な自治体ではデマンドタクシーなどの交通機関を整備し、高齢者自身が運転をしなくても移動しやすいような環境を整えています。

しかしデマンドタクシーには乗り合いタクシーに近い形での運行をしているのですが、事前登録を必要とすること、予約が必要であることなどで高齢者が利用するのに少し負担があることが課題に挙げられます。

自治体で整備されるデマンドタクシー

デマンドタクシーが高齢者の増加する事故という課題を食い止めるのか!?についてのイラスト デマンドタクシーはバスとタクシーの良いところを組み合わせた交通機関です。
事前登録をした利用者が必要な時に予約をし、自宅から(またはバス停のような乗り口)目的地まで移動するという仕組みになっています。

料金設定もバスより安く設定されているところが多く、バスや電車などの公共交通機関があまり運行されていない地域などで運行を開始しています。

最近では高齢者の運転による交通事故の増加を受けて免許を返納してもらうための交通整備としてデマンドタクシーを運行している自治体も多くなってきています。

デマンドタクシーのメリットとデメリット

デマンドタクシーは自宅前からまたはバス停から目的地まで移動できるサービスです。
料金もタクシーより安く済み、高齢者を始めとした交通弱者と呼ばれる人たちに取ってはとても便利なサービスになります。

これらはデマンドタクシーのメリットになるのですが、デメリットと考えられることもあります。

デマンドタクシーは事前に利用する登録をしなければいけないところが多くあります。その登録は高齢者にとって多少負担になるような気がします。

また利用する際には予約が必要であること、同じ経路を利用する人との乗り合いになるため目的地への到着時間が遅れてしまうということがデメリットに挙げられます。


運行は基本的にバスと同じように1時間に1本というように決められているものが多く、時間が合わなければ利用できないということもデメリットになるでしょう。

まとめ

高齢者の運転する車での交通事故が増加しており、社会全体の問題となっています。
その交通事故を減少させるという意味でもデマンドタクシーがもっと普及すると効果があるのではと感じます。

またデマンドタクシーが普及することで、運転を辞める高齢者の数も増えてくるのはないでしょうか。

もしそのような効果があれば、高齢者も安心して移動ができ、交通事故も減少すると考えられますが、皆さんはどう思いますか?


2016年12月14日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop