電動カートの利用がおすすめ!成田空港の移動に改革を!
成田空港で電動カートの運用が始まりました。
高齢者や小さな子供を連れた人たちを対象にしており、成田空港側では移動に負担がかかる人たちに利用をおすすめしています。

3月1日から試用運転をしていましたが、この9月からは電動カートの運行エリアと運行範囲を拡大するそうです。
この電動カートは移動の負担の軽減を図る目的の他、東京オリンピックを視野に入れているとのことです。

成田空港で運行されている電動カート

電動カートの利用がおすすめ!成田空港の移動に改革を!についてのイラスト 空港職員が運転をし、利用客を乗せて空港内を移動する電動カートが成田空港で運用されています。

ゴルフ場でホールを移動する時に使われているカートに似ており、長距離の歩行で負担がかかる高齢者や障害を持つ人、小さな子供連れの家族や妊婦などを対象にしています。

無料で利用でき、歩行よりも少し早めの速度での移動が可能とのことです。

この電動カートを導入したきっかけは2020年に開催される東京オリンピックの時の移動利便性向上を考えてだったそうです。

また安全性も考えられており、電動カートにはドライブレコーダーを設置した他カートの前後には万が一衝突した場合に大きなけがに繋がらないようにクッション性の高いものを装着しています。

電動カートの意味

長距離の移動負担を軽減するために運用されている電動カート。
これはバリアフリーの一環と考えられます。成田空港のような規模の大きな空港ではゲート間の移動に負担がかかります。

また2020年の東京オリンピックでは他国の選手や観光客が訪れます。

障害者差別解消法が施行されている今、様々な部分でのバリアフリーを進めていく必要があります。

また合理的配慮をするように努めるようにしていく必要があります。合理的配慮に関しては障害を持つ人もそうでない人もお互いに負担がなく生活できるようにするということを指しています。

このことから考えると電動カートの導入は合理的配慮になっているような気がします。

まとめ

成田空港で運用されている電動カートですが、概ね好評の用で運用範囲の拡大や運用エリアの拡大につながっています。

今、空港を利用するのも様々な人たちです。

どのような人たちも安心して空港を利用できるように整備をしていく必要があります。

今回は成田空港での運用に関してですが、今後はどの空港であっても電動カートを利用できるように整備を進めていって欲しいと感じました。

そして飛行機を使っての旅行を誰でも楽しめるような環境を作り上げていきたいものです。


2016年8月28日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop