高齢者も気軽に利用できる「電子図書館」
現在、様々な年代が持つようになったタブレット端末やスマートフォン。
画面が大きく、手軽に持ち運ぶことができるため、視力が低下してきたお年寄りにも人気があります。そのタブレット端末やスマートフォンを使って図書館の本を読むことができる電子図書館がスタートしました。
利用する図書館のホームページ上から読みたい本を探して選択すると借りてきた本のように端末上で読めるようになります。文字の拡大はもちろん、読み上げる機能があるものもあり、 高齢者にはもちろん視力障害などの障害を持つ人にとってもたくさんの利点があり気軽に利用できるようになっています。

本を読む楽しみを身近に

気軽に利用できる電子図書館についてのイラスト 図書館に行くといろいろな本があり、目移りしてしまいます。また本が好きな人であれば一日中過ごすこともあるでしょう。しかし、お年寄りや障害を持つ人にとって図書館に行くという行為自体がとても大変なものになります。
そのため読書が好きでもなかなか行けずにいる人も少なくありません。
そのような時にこの電子図書館が使えるようになると気軽に読書が楽しめるようになるので、 外出するのが難しく閉じこもりがちになるお年寄りや障害を持つ人にとって有意義なサービスになります。
また、貸し借りの手間がなく、すべてホームページ上で済むのであればなお手間がかからず、介助者にとってもありがたいものです。本を読むということは認知機能の低下を予防することにもつながります。ぜひこのような電子図書館を増やしてほしいものです。

タブレットやスマートフォンなどの端末を有効活用しよう

電子図書館を利用する際にパソコンやタブレットなどの端末を利用します。
その他にも端末を有効活用することはできないのでしょうか。今の端末は以前のものより操作が簡単になり、お年寄りなどにも受け入れやすいものになってきています。そして遠く離れて暮らす家族とのテレビ電話などでコミュニケーションを取る、写真のやり取りをするなどの楽しみにも使えます。
また、もっと使いこなせるようになると欲しい情報を収集するなどの機能も使いこなせます。
ここまでできるようになればきっと若々しく過ごすことができるのではないでしょうか。

まとめ

今形態のキャリアショップなどではシニア向けのスマートフォンやタブレット講座が開かれています。
またカルチャースクールなどでも同様の教室が開かれています。
今後のIT化も進み、お年寄りにとってなくてはならない必需品の一つになるのかもしれません。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop