枝豆がダイエットに効果的!?気になるその方法とは?
枝豆を間食にするダイエット方法が注目されています。
夏の暑い時期の冷えたビールのお供でもある枝豆が、実はダイエットに効果的であるとされています。

やり方はとても簡単で間食に枝豆を手のひら山盛り1杯食べるだけです。

しかも何度食べても大丈夫であり、そのほかの食事には制限がないとのことで、ダイエットをしている方やこれから始める方、今の時期とてもおいしい枝豆を食べながらダイエットしていくのはいかがでしょうか?

おやつに枝豆ダイエットとは?

枝豆がダイエットに効果的!?気になるその方法とは?についてのイラスト ダイエット指導をしているある薬剤師が、ダイエット中の強み味方として枝豆をお勧めしています。

枝豆は今がちょうど旬であり、生でも冷凍でも手軽に手に入れることができる食材です。

枝豆は大豆が熟す前のものです。
そのためたんぱく質が豊富に含まれており、ダイエットをする時に不足しがちなたんぱく質を補うことができるのです。


そして枝豆は野菜に近い栄養素を持っているため、不足しがちなビタミンを摂ることもできますよ。

またお菓子を食べるカロリーよりも低カロリーであるため、ダイエットに向いている食材なのです。

おやつに枝豆ダイエットの方法は?

枝豆を間食代わりに食べるだけのおやつに枝豆ダイエットですが、どのような方法で枝豆を食べればいいのでしょうか。

まず食べる量は間食1回につき手のひら山盛り1杯になります。
食べてもいい回数に制限はありません。

しかし就寝1時間前以降食べるのは避けましょう。
その代わりダイエット期間中の間食はすべて枝豆にしましょう。


また注意する点は塩味が付いている枝豆の場合、塩出しをすることです。

特に冷凍の枝豆は手軽に手に入るのですが、塩味が付いていることが多くなっています。
そのためざるに入れて真水に10~15分浸けておき、塩抜きをしましょう。

まとめ

この間食をすべて枝豆に置き換えるダイエットですが、腹持ちが良く、お菓子などを欲しくならなくなるそうです。

また今が旬の枝豆は甘みがあり、それだけで満足するとのことです。

しかし枝豆を食べ続けていたら飽きてしまうこともありますよね。
そのような時にはたんぱく質が豊富な食材であるサラダチキンやゆで卵、チーズなどを一緒に食べても良いそうです。

食事制限が要らないこと、コンビニなどでも手軽に購入できることなどメリットがたくさんあるおやつに枝豆ダイエット、ビールの飲み過ぎでお腹周りが…とお悩みの方、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


2017年9月14日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop