エゴマの葉の栄養価がすごい?エゴマの葉の効能とは?
エゴマの葉効能が注目されています。

福島県田村市では以前からエゴマを栽培してエゴマ油などに加工して販売していました。またこの地域ではエゴマの葉をぼた餅にして食べていたそうです。

エゴマの葉とは

エゴマの葉の栄養価がすごい?エゴマの葉の効能とは?についてのイラスト エゴマと呼ばれていますが、ゴマとは関係がありません。

シソ科の植物であり、シソと同じように生で食べることができます。

しかし独特の香りや味があり好き嫌いが分かれるものでもあります。

他にもエゴマの実から油を搾り取り、エゴマ油として摂取することもあります。

またエゴマに含まれているα―リノレン酸はオメガ3に分類される必須脂肪酸です。
オメガ3は身体の中の細胞にとって必要不可欠なものです。

今、オメガ3の油を積極的に摂取しましょうと女性誌などで注目されています。

エゴマの葉の効能は

エゴマの葉にはどのような効能があるのでしょうか。

エゴマには様々な栄養素が含まれています。

まず注目する栄養素としては先述した必須脂肪酸のα―リノレン酸です。

このα―リノレン酸は体内に入ることでEPAやDHAといった成分に変換されます。

EPAは血液をサラサラにしてくれる効果を持っています。

DHAは乳幼児の脳の発達や神経の発達に必要とされている成分です。

ちなみにEPAが体内でDHAに変換される場合もあるようです。

またエゴマの葉には抗酸化作用の効果もありと言われています。
抗酸化とは身体の中からの老化を抑制する働きを示しています。

そのためアンチエイジング効果ももたらしてくれます。

さらに免疫力を上げる成分のn-6系脂肪酸、n-9系脂肪酸と呼ばれる多価不飽和脂肪酸も含まれています。

これらは免疫力を上げるのと同時にアレルギーの抑制にも効果があるそうです。

まとめ

焼肉を食べに行くとサンチュと呼ばれる野菜で包んで食べることがありますよね。
そのサンチュと一緒に出てくることが多いのがエゴマの葉です。

このように生でも食べることができるエゴマの葉ですが、とても栄養素が豊富です。

1日に4g摂取するだけで必要な栄養素を取ることができるとされていますので自宅で栽培して食事に取り入れるのも良いかもしれませんね。

もし独特の香りや味が苦手だという場合にはエゴマ油を取り入れてみましょう。

エゴマの葉や実から絞られてできたのがエゴマ油ですので葉を食べるのと同様に栄養素を取ることができますのでぜひお試しください。


2016年8月20日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop