食べると寿命が伸びると言われる食材「畑の青魚」エゴマとは!?
寿命を延ばすと注目されている食材があります。
島根県は長寿県として有名ですが、島根県の中でも百寿者が多い地域があります。
その地域では「エゴマ」が盛んに栽培されており、エゴマを加工したエゴマ油を町を挙げて売り出しています。
エゴマは「畑の青魚」と呼ばれるくらいオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。
そのため東北では「じゅうねん」と食べると十年寿命が延びるという意味で呼ばれています。

エゴマとは

食べると寿命が伸びると言われる食材「畑の青魚」エゴマとは!?についてのイラスト エゴマはシソ科の植物です。
エゴマの種を食用にし、油などに加工しています。
そしてエゴマにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

このオメガ3脂肪酸の中の「α-リノレン酸」は動脈硬化やアルツハイマー型認知症の予防の効果があるとされています。
これは血液中の中性脂肪やコレステロール値を下げてくれる効果があることが関係しています。

α-リノレン酸は体内に入るとEPAに変化します。
以前厚労省が行った調査ではEPAを多く接種している人は心筋梗塞のリスクが65%減ったとの結果も出ています。
合わせてエゴマの栽培が盛んの宮城県のまちで調査したところ、血管年齢が実年齢以下だったという結果も出ています。

エゴマの効果を得るには

エゴマを取る時にはエゴマ油が手軽かと思います。
エゴマ油を摂取する時には1日に小さじ1杯から大さじ1杯弱で十分です。
サラダにかけて食べるだけでもOKです。
摂取する時には食べる直前にかけるようにしましょう。

摂取後早ければ30分程度で効果が出てくるとの調査結果もあります。特に疲れている時には効果が早く出るそうです。
そして注意しなければならないのがエゴマ油は熱に弱いことです。
味噌汁程度の厚さなら問題ないとされていますが、コンロの近くに置くなどせっかくのエゴマ油の効果が薄れてしまうので、冷蔵庫に保存するようにしましょう。

エゴマ油をもっと手軽に取るにはサプリメントもおすすめです。
エゴマ油を購入しても使い切るのが難しい方もいますよね。
そうした方にエゴマのサプリメントがおすすめです。

まとめ

エゴマ油は健康に良いと注目されています。
熱に弱いため加熱調理には向いていませんが、サラダのドレッシング代わりにする、出来上がった料理の風味づけに直前にエゴマ油をかけるというのもおすすめですよ。

またたんぱく質と一緒に取るということが効果的だそうです。
蒸し鶏や焼き魚にエゴマ油をかけて食べるのも良いそうですので、ぜひお試しください。


2018年1月6日 17:00


  • 入居までの流れ

    入居祝い金

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    介護施設ぽーたるの知恵袋

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop