営業時間の短縮する企業続出!時代にあったビジネスモデルを!
営業時間短縮する企業が増えてきています。
外食産業や大手スーパーなどでは24時間営業している店舗が多かったのですが、最近営業時間を夜中2時にするなどの時間短縮が見られています。

また宅配便の大手企業では正午から午後2時の配達を中止することを検討しています。

こうした様々な企業における営業時間の時間短縮などの変化ですが、時代に合ったモデルとなってくるのではと予想されます。

営業時間を短縮する企業が増加

営業時間の短縮する企業続出!時代にあったビジネスモデルを!についてのイラスト 最近、様々な業種で営業時間を短縮する企業が増加してきています。

大手外食産業の企業では24時間営業を取りやめ、夜中の2時に閉店する店舗を増やしています。
また、大手スーパーでも24時間営業を取りやめ、営業時間を短縮しているところが多くなっています。

また宅配便の大手企業でも、働く方の負担を少しでも解消しようと、正午か午後2時までの配達を取りやめるという検討をしています。

こうしたことは働く方の負担減少はもちろん、コストカットにもつながっていると考えられます。

時代に合った営業をする

24時間営業のファミレスができたころは、とても画期的でした。

夜遅くなっても温かいご飯が食べられる、夜中でも友人たちと話をすることができるなど皆さんも何かしらの思い出があるのではないでしょうか。

しかし今、24時間営業の筆頭ともいえるコンビニがあちこちにできています。

地域によって店舗数は差がありますが、歩いてすぐのところ、車で数分の範囲にコンビニがあれば24時間営業している飲食店やスーパーがなくてもそれほど不便ではないですよね。

そして今注目されている長時間労働の解消にも営業時間の短縮は大きく関わってきます。
24時間勤務をきちんとシフト制で行っているのであれば問題ないのですが、人員不足で1人が何時間も勤務をするということでは働く人を守ることができません。

これらのことから営業時間を短縮するというのは時代に合った営業の形と言えます。

まとめ

24時間営業のコンビニを始め、ファミレスやスーパーが当たり前の時代であり、24時間営業していることはとても便利です。

また宅配便もいつでも受け取れるようになっていますが、働く人があってこその恩恵であるということを忘れてはいけません。

今後も様々な分野で営業時間の短縮を検討する、実施する企業が多くなってくるでしょう。
しかしそれは時代の流れであり、企業側だけの問題ではないということを消費者側も認識しておくことが必要ではないかと考えます。

また消費者側も24時間営業のコンビニで用を済ませることが多くなっており、それ以外の店舗に出向かないというのも背景にあります


2017年5月24日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop