園芸療法は認知症以外の疾患にも効果があった!
認知症に効果があるとされている園芸療法。
花や野菜を育てる園芸をすることは認知症の予防や症状の改善に効果があるとされています。

それは花や野菜を育てるということで自分の仕事を持つこと、水やりなどで外に出る機会を増やし季節や時間を感じることが見当識障害や閉じこもりの改善に効果的であるからです。

そして今、認知症以外にも脳梗塞やうつ病、糖尿病などの生活習慣病にも効果があると言われています。

園芸療法とは何か

園芸療法は認知症以外の疾患にも効果があった!についてのイラスト 花や野菜を育てることで閉じこもりを予防する、身体を動かすことでADL(日常生活動作)の維持・向上を図る、他の人と協力することで社会的刺激を与える、自然と触れ合うことで精神の安定を図るなどの様々な効果がある認知症における非薬物療法の1つです。

花や野菜を育てるということは家庭菜園やガーデニングという形で一般的にも行われています。

それらと違うのは収穫やきれいに咲かせるということが目的になっていないことです。

園芸療法では 花や野菜を育てるというプロセスを大切にしているところがポイントとなります。

認知症などで介護が必要な方たちは施設などであまり外出しない環境に置かれています。

そうすると認知症が進行してしまうことになるため、園芸療法を行い外に出て自然を感じる、他の人と会話をする・協力するなどで脳への刺激も得ることができ、認知症の予防や進行予防にもつながるのです。

園芸療法の効果

園芸をするということは様々な工程を踏むことになります。

まずは種や苗を植えて育つ環境の土を作る、種や苗を選ぶ、植える、水やりをする、添え木などで倒れないようにするなど多くのプロセスをたどります。

これらは1人で行うよりも複数で行うことで効率よく作業をすることができます。

また必ず外に出て行う作業でもあります。

そうすると 自然と外に出て身体を動かすきっかけにもなり、他の人とコミュニケ―ションを取る場にもなります。

また外に出るということは自然を感じることになり、季節や時間を感じることができます。

結果、糖尿病などの生活習慣病、脳梗塞、うつ病の予防にもなると言えます。

まとめ

園芸をするということは高齢者にとってなじみのある行動ではないでしょうか。

そして介護側から「この土はどうしたらいいですか?」「どの種がいいですか?」などと働きかけると「全く何もわからないんだから。

私に任せなさい」と笑顔で答えてくれる人が多くいるのでは。

実際に施設で園芸を行った時はレクに積極的に参加しないような人でも嬉しそうに参加していました。

こうしたことから高齢者にとっての生きがいにもつながると考えられるため、ぜひ積極的に介護の現場に取り入れて欲しいと感じます。


2016年8月8日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop