遠隔診療に政府、医者が動く!?
僻地などの医療機関に通院困難な患者に対して行う遠隔診療
この遠隔診療に対して2018年度の診療報酬改定で評価をするなど政府も動き出しています。

普及に向けての動きはもちろんですが、医療機器市場も遠隔診療のネットワークづくりに力を入れ始めています。
また僻地以外でも普段仕事などで受診ができないビジネスマンなどに向けたネットを介した診療も盛んになってきています。

遠隔診療とは

遠隔診療に政府、医者が動く!? 遠隔診療とは、僻地などの医療機関まで通院困難な患者さんに向けて行っているものです。
医師がテレビ電話などを介して患者の診察を行っています。
またその遠隔診療に合わせてメールやSNSを用いた診療も遠隔診療に位置付けられます。

この遠隔診療のメリットは医療機関に通院困難な地域に対しても医師の診察を受け、以上の早期発見などが可能なこと、医師が遠方まで出向くことがないことによる移動時間の短縮で効率の良い診療ができることなどが挙げられます。
仕事をしている方にとって診療時間内に受診できないという方にとっても医師と遠隔診療ができるということはメリットになります。

しかし自宅にネット環境がある場合には遠隔診療が可能なのですが、自宅以外の場所での診療はできません。
また対面の診療よりも診療報酬が下がることがデメリットです。

進化する遠隔診療

医療機関を受診する年代で多いのは高齢者になります。
また病気にかかりがちな未就学の子供たちが多くなっています。
この年代は受診時の費用の負担率が低いこと、受診する時間があることが背景に挙げられます。

一方で働いている世代は先述したように医療機関の診療時間に受診することができないことが多く、市販薬に頼り、重症化してから受診する傾向になりがちです。
また社会的に問題となっている救急外来を受診するようなコンビニ受診になることもあるでしょう。

そうしたことがないように、ネットを利用した遠隔診療を実施するサービスも増えて生きています。
特に受診をしにくい世代はネットに慣れ親しんでいる人が多くなります。
そうした方にとって抵抗なく受け入れることができると考えら、利用者も増加しています。

まとめ

遠隔診療は医療機関に通うことが困難な地域の方を始め、そうでない地域に住んでいる人にとっても有効なものです。
また日中病院に行く時間がないからといい、軽症であるにも関わらず救急外来を受診、救急車での受診という問題に対しても有効と言えます。
どの地域に住んでいても医療格差がないようにするために今後この遠隔診療は大きく変わっていくのではないかと考えます。


2018年2月27日 17:00


  • 入居までの流れ

    入居祝い金

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    介護施設ぽーたるの知恵袋

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop