災害緊急時の避難対策として「福祉避難所」があります。
災害時の避難場所としては体育館や学校がありますが、健康体の人はともかくとしても高齢者にとっては困難です。
そこで「災害時における福祉避難所等の設置運営に関する協定」が熊本市と熊本市老人福祉施設協議会と熊本市社会福祉協議会によって締結されています。

福祉避難所とは

災害緊急時の避難対策として「福祉避難所」があります。についてのイラスト 災害が起こった際、寝たきりで介護が無くては生活が出来ない人や、車椅子を使っての移動手段の人、また認知症の人たちは避難勧告がでても自分ひとりでの避難がとても出来ません。

また、避難所までたどり着けたとしてもそこでの生活には苦難が待ち受けています。



福祉避難所とは、そういった災害時において高齢者などの一般避難所では生活する事が困難な方のために、ケアが行われたりバリアフリー化された避難所の事を言います。

避難所で待ち受ける要介護者の問題とは

避難所のスペースは限られており沢山の人が押しかければ個々の居場所には限りがでてきます。
高齢者の寝たきりの方と健常者とでは大きな違いがあります。

そして、車椅子の方の場合はバリアフリーでないと身動きも取れません。トイレも手すりなどが無ければなりません。また、通常の食事では食べられない物もあります。

救援物資の中には、排泄介護のオムツなどの不足も起こるでしょう。
このような問題はほんの一部です。

体育館や学校などの一般的な避難場所ではとてもそのような設備は整っていません。

福祉避難所の対象者

特別養護老人ホーム

介護保健法に基づく入所介護や療養等が必要な要援護者

専門性の高いサービスを必要とし、ホテル、旅館等では避難生活が困難な要援護者

ホテル、旅館等の宿泊施設

一般避難所では生活に支障を来す要援護者

参考元:熊本市 福祉避難所等の設置運営マニュアル

物資の提供や管理について

入所者には物資が提供されますが、もちろんの事公平性に最大限配慮し提供される事となっています。
災害時は自分の身を守る事も大事ですが、自分だけが被災した訳ではありませんので、皆で助け合い少ない物資を分け合う心が大切ですよね。

福祉避難所で入所者に提供される物資例としては、衣服や寝具、身の回りで必要となるタオルやサンダルなどもふくまれています。
その他にも日用品、衛生・救急用品や食事の際に必要な食器類も提供されるそうです。

※あくまでも事前に協議され予定されている内容となる為、実際今回のような大地震が起きてしまった現在は、この限りではないかもしれません。

介護者の方も大変なのが災害時です。

介護されている高齢者も大変な状況ですが、介護する側も想像を絶する苦悩があることでしょう。
自分ひとりでの避難でも困難な状態の中、高齢者を支え避難する人たちがいます。

勿論その方たちにも家族がいますので、安否が気にかかりながらも高齢者の避難に全力を使われている方もいる事でしょう。

思うような介護は避難所では難しく、また物資も十分どころか完全に不足してしまいます。
そんな中での介護はテレビなどでも報道された東日本大震災でご承知のかたも多いかと思います。
絶望感に襲われながらも、精一杯の介護をする方を見かけた場合、少しでもお手伝いして頂くか、声をかけて頂くだけでも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

最後に

災害が起きたとき、さぁ!と動き出せる人たちばかりではありません。突然のことで、気も動転している中、体が思うようにならない高齢者にとっては尚更でしょう。

また、認知症の方の場合どこまでその状況を理解できるかという問題もあります。
死と隣りあわせとなる災害時に弱者と言われる人たちの救済は介護士だけではなく、色んな方の手助けが必要ではないでしょうか。

私たちは今、被災地の方達にこれ以上被害が大きくならないように祈る事しか出来ない事に憤りを覚えてしまいます。

熊本県では現在もなお余震が続き、予断は許さない状況です。本当にこれ以上被害が広がらないように願っております。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop