不眠症の改善に睡眠薬に頼るのはやめませんか?
中高年層に増えている不眠。眠れないことは疲労が溜まると同時に精神的にもつらいこのです。
また、受診すると不眠症と診断されて睡眠薬を処方されるケースが多くあります。

睡眠薬には効き目の長さなどに違いがあり、様々な種類があります。
しかしその特性を十分に知り処方されているかと言えばそうではないようです。

特に高齢者にとっては睡眠薬で副作用を起こすことがあるため、注意が必要です。そして睡眠薬は不眠症の根本的改善委はならないことを知っておかなければなりません。

高齢者の睡眠事情

不眠症の改善に睡眠薬に頼るのはやめませんか?についてのイラスト 高齢者が不眠を訴えるケースは多く見られます。

そして不眠症と診断され睡眠薬を処方されるのですが、その睡眠薬での弊害を生じていることも多いと言われています。

高齢者がなぜ不眠になるのかと加齢に伴い睡眠リズムのバランスが崩れるためです。

そのために眠りが浅くなり、目覚めやすくなるため朝早く目が覚めてしまうのです。
また高齢になると日中の活動量も減少しますので、 身体が疲労することがなく、睡眠をあまり必要としていないというのも原因の一つでしょう。

さらに加齢に伴う腎機能低下により夜間の尿生成が多くなります。
そして膀胱機能の低下により尿意が頻回になるために何度も目が覚めてしまうようになるのです。

高齢者の不眠の特徴

不眠には様々な種類があるのですが、高齢者に多いのは入眠障害と中途覚醒、早朝覚醒と言われています。
それぞれの名前通りですが、寝付きが悪くなり、夜中に目が覚め眠れなくなる、朝早く目が覚めるということです。

その人の不眠に合わせて睡眠薬が処方されるのですが、内服することでぼーっとするなどの弊害が生じることが多く、 転倒するなどの事故が おこっているようです。
また睡眠薬によっては依存性のある薬剤もあるため、長期に渡って服用していると薬なしでは眠れないと言った状態にもなってしまうのです。

まとめ

高齢者だけではないのですが、睡眠薬に頼らずに眠るように心がけることが大切になります。

もちろん、医師の指示にもよりますが…  睡眠の質を上げるにはまず寝具から快適なものにしていきましょう。
また部屋の室温や湿度も大切にします。夏は26℃、50%を目安とすると快適です。

そして明るすぎないように調節をします。
寝る直前の食事や入浴は身体を興奮させる原因となりますので避けましょう。

眠れなくてもいつか眠れる日が来ます。
睡眠薬に頼り過ぎて転倒して骨折した、という状況は避けたいものです。

睡眠薬に頼らずに自分で快適な睡眠環境を作ってみませんか?


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop