不審者への対策を強化!介護施設の入所者を守る!
相模原市で起きた障害者入所施設での事件。
この事件を踏まえて不審者対策を見直した介護施設も多いのではないでしょうか。

そして不審者対策に関しての訓練を行っている介護施設も増えてきているようです。

その訓練では不審者が侵入してきた場合には不審者に対して反撃するのではなく、入居者と逃げることを優先させてほしいとのアドバイスが警察よりあったそうです。

介護施設で不審者が侵入して来たら

不審者への対策を強化!介護施設の入所者を守る!についてのイラスト もし自分が介護施設で勤務している時に不審者が侵入して来たらどうしますか?

きっとその場でパニックになり対応ができないかもしれません。

不審者者対策の訓練をしている警察によると不審者の侵入があった場合には反撃せずに入所者と逃げることを優先するようにアドバイスしています。

確かに不審者に対して反撃することは大変なことです。

また相手は必ずと言っていいほど刃物などを持っているため自分の命の危険さえあります。
自分の命を守るため、入居者の命を守り安全なところへ避難させることができるよう普段から訓練を繰り返し行っていきましょう。

そしてもし不審者が向かってきた場合には自分の身を守ることができるよう手の届くところにあるもので相手との距離が取れるものを使用することも必要かもしれません。

介護施設の防犯対策は

相模原で起きた障害者入所施設での事件のように介護施設でも同様の事件が起こる可能性は0ではありません。

そのため常日頃から施設全体で防犯対策を行う必要があるでしょう。

不審者の侵入を防ぐには防犯カメラの設置や鍵の設置などがあります。

また窓ガラスが割られにくいガラスに変えるということも対策の1つになります。
しかしどの対策も費用が発生し、介護施設側の負担はとても大きいものになってしまいます。

また不審者以外にも介護施設をターゲットにした窃盗が多発しているというデータもあり、被害額は何億にもなっているそうです。

これは防犯対策が不十分であることはもちろん、事務所が玄関に近いところにあることも関係していると言われています。

また入所者の家族を装う、顔見知りになることで入所者の私物を窃盗するケースもあるそうで、介護施設における防犯は早急に行っていかなければなりません。

まとめ

本来、介護施設は安心して生活できる環境でなくてはありません。

しかし慢性的な介護職不足により不審者対策などの防犯対策にまで手が回らない事実もあります。
また介護施設側が防犯に対しての意識を低く持っていることも考えられます。

これからも介護施設をターゲットにした犯罪が起こると予想されています。

そのため、これから介護施設では今以上に防犯に対する意識を高め、対策をしていく必要があります。


2016年9月13日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop